Home / 韓日関係に対する盧武鉉大統領の特別談話

韓日関係に対する盧武鉉大統領の特別談話






       韓日関係に対する盧武鉉大統領の特別談話



尊敬する国民の皆さん、独島は私達の国です。
ただ私達の土地が、 40年の痛恨の歴史がくっきり刻まれている歴史の国です。
独島は日本の朝鮮半島侵奪過程でガジャンメオンジェオビェオンタルれた我が領土です。
日本が日露戦争中に戦争を行うことを目的に編入し、占領した国です。
日露戦争は、帝国主義日本が韓国に対する支配権を確保するために起こした韓半島侵略戦争です。
日本は日露戦争を口実に、我が領土に軍隊を上陸させ、朝鮮半島を占領しました。
軍隊を動員して王宮を包囲し、皇室と政府を脅迫し、韓日議定書を強制的に締結し、土地と韓国国民の心にと要求し、軍事施設を心にと設置しました。
私たちの国土の一部で、一方的に軍政を実施し、後には財政権と外交権すらはく奪して、私達の主権を蹂躙しています。
日本はこのような中で、独島を自国の領土に編入し、櫓と電線を仮定して、戦争に利用したものです。
そして、朝鮮半島の軍事的占領状態を継続しながら、国権を剥奪し、植民地支配権を確保しました。
今、日本が独島に対する権利を主張するのは、帝国主義侵略戦争による占領地の権利、ひいては過去の植民地の領土権を主張することです。
これは韓国の完全な解放と独立を否定する行為です。
また、過去に日本が犯した侵略戦争と虐殺、 40年間にわたる収奪と拷問、投獄、強制徴用、さらには慰安婦まで動員していたそれらの犯罪の歴史に対する正当性を主張する行為です。
私達は決してこれを容認することはできません。
韓国の国民に、独島は完全な主権回復の象徴です。
靖国神社参拝、歴史教科書の問題と過去の歴史に対する日本の認識、そして未来の韓日関係と東アジアの平和に対する日本の意志を見極める試金石です。
日本が誤った歴史を美化し、それに基づいて権利を主張する限り、韓日間の友好関係は決して立て直すことはできません。
日本がこれらの問題に執着する限り、私達は、韓日間の未来と東アジアの平和に対する日本の捜査も信じることがない。
どのような経済的利害関係も、そして文化的な交流もこの壁をノクイジネウンてしまうでしょう。
日韓間では、まだ排他的経済水域の境界が画定されていません。
これは、日本が独島を自分の領土だと主張し、それらの上で独島基点まで持続しているからです。
東海の海底地名問題は、排他的経済水域の問題と関連しています。
排他的水域の境界が合意されていない中で、日本が私達の海域の海底地名を不当に占有していますので、これを修正しようとしていることは私達の当然の権利です。
したがって、日本が東海海底地名問題に対する不当な主張を放棄しない限り、排他的経済水域に関する問題も、より多くのミルルスできない問題となり、結局、独島問題もこれ以上静かな対応で管理することができない問題がありました。
独島を紛争のか逆火しようとする日本の意図を懸念する見方がないのは、されないか、または、私たちに独島は単純に小さな島に対する領有権の問題ではなく、日本との関係で、誤った歴史の清算と完全な主権確立を象徴する問題です。
一般的に、堂々と対処していかなければならないのです。
尊敬する国民の皆さん、今の政府は、独島問題に対する対応方針を全面的に再検討させていただきます。
独島問題を日本の歴史教科書歪曲、靖国神社参拝問題と韓日両国の過去史清算と歴史認識、自主独立の歴史と主権守護の次元で、正面から取り上げていきます。
物理的な挑発に対しては強力かつ断固として対応していくことです。
世界の世論と日本国民に日本政府の不当な仕打ちを絶えず告発していきます。
日本政府が誤りを正すまで、前国家的力量と外交的資源をすべて動員して持続敵努めてまいります。そのほかにも、必要なすべての仕事をすることです。
費用と犠牲が続いても決してあきらめたり妥協することができない問題であるからです。
現在、私たちの歴史を冒とくし、韓国民の自尊心を阻害する日本政府の一連の行為が日本国民の普遍的な認識に基づいていることはないという期待を持っています。
韓日間の友好関係、ひいては東アジアの平和を危うくする行為が決して正しいことも、そして日本にとって有益もないという事実を日本国民もよく知っているからです。
私達が感情的な対応を自制して冷静に対応しなければならない理由もここにあります。
日本の国民と指導者にガンゴクヒ呼びかけています。
私達はこれ以上新しいの謝罪を要求しません。
既にヌチャ行った謝罪に合った行動を要求するだけです。
誤った歴史を美化したり正当化する行為として、韓国の主権と国民的自尊心を侮辱する行為を中止してほしいということです。
韓国に対する特別扱いを要求するのではなく、国際社会の普遍的な価値と基準に合わせた行動を要求することです。
歴史の真実と人類社会の良心の前に率直で、謙虚になることを望むでしょう。
日本が近隣諸国に対して、さらには国際社会でこの基準に行動するとき、ビロセオ日本はその経済の大きさに適当な成熟した国、さらには国際社会で主導的な役割を担うことができる国に立つことになるでしょう。
国民の皆さん、
私達は植民地支配の病気の歴史にもかかわらず、日本との善隣友好の歴史を新たに書くために、絶えずノリェオクハエワトです。
両国は民主主義と市場経済という共通の志向の中で、互恵と平等、平和と繁栄という目標に向けて進められてきており、また、大きな関係発展を遂げています。
これで、両国は共通の志向と目標を恒久的に持続するために、より一層努力しています。
両国関係を越えて、東北アジアの平和と繁栄、ひいては世界の平和と繁栄に共に貢献する必要があります。
そのためには、過去の歴史の正しい認識と清算、主権の相互尊重という信頼が重要です。
日本は帝国主義侵略史の暗い過去から思い切ってテオルチェオ上がるべきです。
21世紀の北東アジアの平和と繁栄、ひいては世界の平和に向けた日本の決断を期待しています。
ありがとうございました。

Check Also

동호 이혼

동호 이혼 결혼 3년 만에 파경 현재 아내와 벌거 중

동호 이혼 결혼 3년 만에 이혼 현재 벌거 중 그룹 유키즈 출신 ‘동호(24)’가 결혼 3년 …

댓글 남기기

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다