ニュース国内

チン・ジュングォン教授が絶賛したユンフイスク議員の演説賃貸借3法

国会ユンフイスク議員の自由発言

進歩論客チン・ジュングォン前ドンヤンデ教授が過去30日に国会本会議ユンフイスク議員の演説に絶賛を惜しまませんでした.

チン・ジュングォン教授は31日、フェイスブックに “今やしっかりね”とユンフイスク議員の演説の映像を共有した.

チン・ジュングォン教授は “この演説は、二つの点で評価する”面 “まず批判が合理的であり、, 第二国民の多くが付いている心情を情緒的に代弁したという点”と説明しました.

続いて “パール持って戦うことではない”と強調しました.

以下はユンフイスク議員の国会演説の専門家です.

尊敬するパク・ビョンソク国会議長, そして仲間の先輩議員の皆さん、私は瑞草甲ユンフイスク議員です. 私はこの場で今日採決された住宅賃貸借法についてお話を差し上げようと出ました.

私は賃借人です. 私去る5月取締役ました移動している瞬間から今まで、家主が2年あるが出て行けそれではどのようにして心配をつけて生きています.

ところが、今日採決された法案を見な​​がら、私は気持ちが良かったのか, そうではない. 私にも考えは4年あるが錆家賃で入ることになるんだな, するつもりでした. もうこれ以上のチャーターはないんだな. それが私の悩みです. 私の個人的の悩みです.

賃貸市場は非常に複雑で、賃貸人と賃借人がお互いに共存しながら維持されるしかありません. テナントを編挙げよう賃貸人を不利にすると、賃貸人としての価格を上げたり、市場を出るかです. その後、私賃借人を保護することに反対するのか, 絶対賛成し. それでは、どうすればか. 政府が負担する必要があります. 賃貸人に家を賃借することを恐れてにする瞬間の市場は崩壊することになっています.

韓国のチャーター制度は、皆さんが皆ご存知の通り、全世界にない特異な制度です. 高成長の時代に金利を利用して賃貸人は大金を活用と利子を活用したと賃借人は、貯蓄とマイホーム作りに活用しました.

そのバランスが今まで来ているが、低金利時代になった以上、このチャーター制度は消滅の道はすでに入って. それでも多くの人々は、チャーターを好む. ところが、この法律のためにあまりにも急速に消滅する道入るしかなくなったのです. 多くの人を混乱に陥れロドリゲスされたものです. すでにチャーター大乱が開始されています.

私今日ここ伝えるためには、この問題が表示されたときは本当に魅力的だったと言うことができますか?予測していなかった, このように言うことができますか? 30年前にリース契約を1年から2年に増やしたとき, 2年に増やしたとき、たった1年、いつもたが、その前年から89年末から家賃が上がる開始して、前年比 30% 上がりました. 1990年は前年比 25% 上がりました. このように混乱がありました. ところが、今回は5%で囲んでおいたので大丈夫だろう?今金利が2%にもなりません.

私賃借人であっても三離さず息子, 娘に入って生きろします. 甥に入って生きろ, 管理費だけ出して生きろします. 不可抗力であり、全く予測できなかった, 100一度譲ってそうしましょう.

次に、このように、韓国の1000万人の人口の生活を思うままにすることを作成する場合は、少なくとも最大限私たちは考えていなかった問題が何であるかを確認する必要があります. そうだと常任委員会の築造審議過程があるのです. この築造審議過程があった場合、私たちは何をチェックしたでしょうか?私なら, 私なら賃貸人にどのようなインセンティブを与えて恐れていないようにするのか, 賃貸収入だけで生きていく高齢賃貸人にはどのように配慮するのか, そして数十億ウォンのチャーター社金持ちテナントもこのような方法で保護するか, このような点を確認したものです.

一体何ボールと傲慢に、このようなことを確認していないこれを法でぽつんと作成しますか?この法律を作った方, そして民主党, この築造審議せずにプロセスを持って行った民主党は、長い間思い出になります. 韓国のチャーター歴史と不動産政策の歴史と民生の歴史に末永く記憶されるだろう. 聞いていただきありがとうございます.

タグ
トップに戻るボタン
閉じる