ニュース世界

東京オリンピック開幕延期準備

コロナ19世界拡散オリンピックの演技不可避

東京オリンピック委員会が新型コロナウイルスの拡散のためにオリンピック開幕延期準備に着手したとする.

ロイター通信は東京の組織委員会との緊密な匿名の関係者二人の話を引用して、オリンピックの演技と関連した草案作りの準備を始めたと述べた.

ロイター通信は “オリンピックを延期したときを想定したシミュレーションを作成するように求め、最終的に受けた” と伝えました.

日本は、その中にコロナ19が全世界を席巻しているが、オリンピックを正常開催するという意志を示し来たんです

しかし、増え続ける感染者、日本政府も代替用意をする姿です.

最近のヨーロッパとアメリカの大陸の選手たちを中心に、オリンピックの演技が避けられないという世論が急浮上したのも、東京の組織委員会を圧迫したと見られる.

その中に日本がオリンピックを続け経るうとした最大の理由はお金のためだという分析がありますが

東京オリンピックが正常に開かない場合はTV中継料をはじめ、各種のサポートコスト, 人件費, 広告費など51兆ウォンの損失が発生すると、日本経済の専門家たちは見通した.

ロイター通信は東京組織委員会がオリンピックの演技をテーマに議論したとした月または45日延期, 1〜2年延期などが出てきたことが知られ.

一方、国際オリンピック委員会トーマス・バッハ委員長は20日、ニューヨーク・タイムズのインタビューで、通常の開催を推進すると言いながらも、 “他のシナリオを検討している”と演技の可能性を表わすこともしました.

タグ
もっと見せる

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *

トップボタンに戻ります
閉じる
閉じる