それ&科学ニュース

ギャラクシーS 20 5G歴代級の性能販売不振の理由

公示支援金拡大5G基地局の拡大が優先されるべき

三星ギャラクシーS20シリーズは歴代最大級の性能にもかかわらず、事前予約販売量は前作のギャラクシーS10に比べて半分になった.

コロナ19拡散にオフライン販売減の影響もあるだろうが、根本的な問題は、通信事業者の端末補助支援金の縮小が最大の問題である.

ギャラクシーS20シリーズは、ギャラクシーS10より販売価格が20〜30万ウォン高い水準に発売された. しかし、移動通信社は、現在、20万ウォン台の低い公示支援金のみを提供しています.

販売代理店または販売店を通じて購入した場合、公示助成金を15%程度まで追加で受けることができますが、これを含んでいるとしても、最大支援金は27万9450ウォンに過ぎない.

前作ギャラクシーS10シリーズ最大公示支援金546,000と比較すると半分の水準である.

歴代最高のパフォーマンスのスマートフォンを出したが、消費者は動かずにいる.

これサムスン電子は事前予約購入者に提供された利点を正式発表後も維持するなど、さまざまなマーケティング活動を並行しているが販売量はなかなか上がってこない.

消費者の5Gサービスに対する不満もギャラクシーS20販売不振に影響を与えている.

LTEプランに比べて5G料金制は1〜2万円より高価ですが、実際の肌で5Gを体感するほどではないからである.

また、ギャラクシーS20シリーズの販売不振はギャラクシーZフリップにも影響を与えている.

ギャラクシーZフリップは、国内はもちろん海外でも大好評を受けているが5Gではなく、LTEフォンであるからである.

最大のパフォーマンスのギャラクシーS 20シリーズ販売活性化のためには、最初にキャリアの公示支援金の拡大と5G基地局の拡大が優先にしなければなら.

タグ
もっと見せる

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *

また、チェック
閉じる
トップボタンに戻ります
閉じる
閉じる