/ 釣り / 釣竿の選び方調子と強さ
釣り竿

釣竿の選び方調子と強さ

 

先に釣竿湖星首輪と対象魚を知ってみました.

釣竿は大きくミン釣り竿とリルナクシの二つに分けることができてい

釣りの場所と釣り方法と対象魚に応じてさらに細分化になりますよ釣竿の湖に加え釣り竿の選び方で重要な部分を占めているのが釣り竿調子と強さ.

釣竿の調子とは釣竿が曲がる形状を言いロッドの負荷がかかった曲がる起点の位置を怠惰ということです.

釣り竿

これに比べて釣竿の強度は、釣り竿に毎月できる負荷や魚を引き上げる力を示す言葉です.

したがって釣竿の調子と強さは、厳密に区分すると、異なる意味が便宜上同じ概念で混用する傾向があります.

韓国の場合は、西欧式の表現法と日本式表現法が混用されており、民釣り竿とリルナクシ代は異なる表記されます. また、釣竿を発表するブランドに応じて差を見せています.

釣り竿

釣竿は硬い竿として必ず強い竿はないんです柔軟ですが、重いボンドルを取り付けることができる釣竿があれば柔軟性が重いボンドルを取り付けることができる釣竿もあります.

釣竿の調子表記

釣竿全体の長さを十等分して曲げ見たとき曲がる起点がどこなのかを見て調子を表記

釣り竿

9:1 調子

蝶理調子 / F(速いです) テーパー

8:2 調子

蝶理調子 / F(速いです) テーパー

7:3 調子

前調子 / F(速いです) テーパー

6:4 調子

中間調子 / R(定期的な) テーパー

5:5 調子

胴調子 / S(スロー) テーパー

釣竿の強度

釣竿の強度は、間違っていた場合どのように大きな魚を釣っ上げられるかと考えることができていますが、弱い竿でもいくらでも寄せを釣ることができていため、釣竿の強度は、釣り竿の弾性範囲内でㅇロマナ重い重量を毎月することができこのスンガが正確な表現とさせていただき.

釣り竿

一般的に、釣竿は強いほど, 硬い程度が比例んですけど、これを基準に軟質, 中ギョルジル, 硬質, 超硬質に分けジムます.

軟質釣り竿

ミン釣り竿 : 軟調

磯竿 : 0号, 0.6号ㅡ0.8号, 1号

遠投釣り竿 : 15号, 20号

ウェジュル釣り竿 : 10号〜40号

ルアー竿 : ザ・LTRALIGHT, LIGHT

 

重慶質釣り竿

ミン釣り竿 : 重慶組, 軽重ハイコントラスト

磯竿 : 1.2号, 1.5号. 1.7号, 2号

遠投釣り竿 : 25号, 30号

ウェジュル釣り竿 : 30号〜80号, 60〜150号

ルアー竿 : MediumLIGHT, Medium

 

硬質釣り竿

ミン釣り竿 : 軽重ハイコントラスト, ハイコントラスト, 軽ハイコントラスト

磯竿 : 2.5号, 3号, 4号

遠投釣り竿 : 30号, 35号

ウェジュル釣り竿 : 60〜150号, 80〜250号

ルアー竿 : MediumHeavy

 

超硬質釣り竿

ミン釣り竿 : 軽ハイコントラスト, 超ハイコントラスト

磯竿 : 4号, 5号

遠投釣り竿 : 35号, 40号

ウェジュル釣り竿 : 150〜300号, 200〜500号

ルアー竿 : Heavy

釣り竿

磯釣りは1号2号3号の順に使用可能な首輪の湖と表記してウェジュル釣り竿の場合は50号, 60号, 100号のように、毎月できるボンドルの重量を湖に表記します.

また、ルアー竿は、UL, ML, MHのように使用するか、使用できるルアーの重量や付着したリールのドラグレベルを介してルアー竿が耐えられる重量を表記します.

釣竿湖星首輪と対象魚

#釣竿の選び方#釣竿の調子#釣り竿強度

また、チェック

釣り竿

釣竿湖星首輪と対象魚

一般的に、磯チナクシのはマルチ流す釣りでチヌ, メジナ, マダイのようなドームタイプとスズキ, ヒラマサ …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *