/ JP-NEWS / 非常に強い18号台風の予想進路と被害現況
台風 進路

非常に強い18号台風の予想進路と被害現況

18号台風の前に予想進路

14日午前3時基準18号台風タルリムが日本に向っています。
台風タルリムこの中国東部海域に接近するものと予想できたが、これは勘違いだった。

18号台風タルリムは、当初の予想進路と他に級のカーブで日本に向かっており、来る17日、日本に上陸し、強い風と雨を下すものと予想されている。

台風 進路

中国当局は浙江省一帯に台風3級、緊急態勢を発令して洪水、土砂崩れなどに備えて福建省と浙江省の住民20万人以上を緊急避難させました。

台風タルリムは海上を通過しながら勢力が強まり、米国フロリダ一帯に大きな被害をもたらしたハリケーン’あら’と似たような威力に成長しましたが台風タルリムは中心気圧945hPa、強風の半径380km、最大風速は秒速45mで、大きさは中型台風だが強盗は’とても川’です。

台風 進路

台風 進路 は日本に変更されたことについてネチズンたちは”なぜ急にヘアピンカーブを?”、”日本が好きアインカ!?”という書き込みを残しています

しかし、今回の 台風 進路 の変更は偏西風による影響で驚くべきことがありません。
上の絵から分かるように西風の位置が本州付近に南下しているために 台風 進路 が偏西風に乗って急激に方向を変えて日本に進路が変更されたのです。

台風 進路

今度の台風タルリムも、また、秋の台風で偏西風の影響によってよく見られる特徴です。
夏には、太平洋高気圧が日本列島を長くて広く覆っているために偏西風は日本の北に吹いています。

台風 進路

しかし秋には太平洋高気圧が弱くなり、偏西風が本州付近まで降りてきます。
したがって今回の 台風 進路 も偏西風に乗って級カーブして日本に接近しているのです。
台風タルリムは強い風と雨を同伴するものと予想されており、シャッターや排水溝点検など急な対策を実施しなければなりません。

沖縄県宮古島18号台風被害

非常に強い台風18号が襲った沖縄県宮古島は、1日で暴風圏に入って島全体が被害が出ており、広い範囲の停電が発生している。

台風 進路
非常に強い18号台風が襲った沖縄県宮古島’50年ぶりに記録的な豪雨’

沖縄気象台のよると、宮古島市城辺で14日午前6時まで24期間降水量が533ミリを記録して観測史上1位を記録しました。
また、市内には倒れた木々や転覆された車両、浸水被害が発生しました。
今、市内全体世帯の3分の2以上の約一万8000世帯が停電になったことで知られています。

台風 進路
非常に強い18号台風が襲った沖縄県宮古島

気象台は”宮古島市で50年に一度記録的な豪雨になる”と言って、災害警戒情報を発表しています。

ハリケーンあら威力

13日、AP通信によると、超大型ハリケーンオマはカリブ海一帯38人、米国本土23人など計61人が死亡したと明らかにし、死亡者数はさらに増えるだろうと伝えた。
‘あら’により、米国だけで700万人が家を離れ、避難をし、1300万人は電気や温水が切れ、不便を強いられているという。
フロリダ全体人口3分の1に該当する680万人は電気なしに暗闇の中で生活していて、ジョージア州でも数十万人が停電被害を受けた。
ハリケーンオマロよって、米国やカリブ海沿岸の被害規模は保険の加入額で550億ドルと推算されるという。
18号台風タルリムの威力が、ハリケーンオマウィ威力と同じということで見る時日本列島に上陸することになれば、莫大な比べてを与えるものと予想されている状況だ。

秋の台風が恐ろしい理由

夏より秋の台風はより強力な威力を持っています。
秋には水温が最も多く上がって夏より、より強力に水蒸気を多く抱いて台風がよく発達します。
夏と違い、秋には北で冷気が降りようになり、台風の水蒸気と冷気が会って膨大な雨雲が形成されます。
また、多い量の降水量を記録しながら被害が最も大きな台風は秋に来るようになります。

また、チェック

地震

秋田駒ヶ嶽地震129回観測

秋田県の強い牧師と岩手県岩手郡雫石町にまたがっている’秋田駒ヶ嶽’で火山性地震が感知なりました。 秋田駒ヶ嶽地震が増加することによって噴火警戒レベル1が継続されている。 秋田駒ヶタケヌン14日、火山性地震が増加していますが午前8時から12時まで4時間におよそ129回の火山性地震が観測なりました。 地震の震源は男女岳北西約1km付近で深さは約1~2kmだったことで知られています。 火山性地震は一時間おきに、最大65回まで発生しているんですが 同日午前8時から9時まで計3回、9時から10時までに計42回、10時から11時まで計65回、11時から12時まで計19回が発生しました。 秋田駒ヶ嶽で地震は発生しているが、火山微動は観測されておらず、地殻変動も変化が無いって言ってます 14日現在、女岳で10mの高さの四半期を観測しているが、これまでの特別な変化はないとします。 これに気象庁は15日、火山機動観測班を地元が派遣して調査を実施する予定だと明らかにしました。 駒ヶ岳山噴火 駒ヶ岳山は成層火山で、活火山です。 最も最近の大噴火は1929年対噴出ですが、火山爆発指数4に達しました。 その後も数回噴火がありますが、最も最近、分化は2000年にありました。 18号 台風

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *