/ エンターテインメント / ユ・シミン控訴理由書の専門驚くべきアピール力に感心
ユ・シミン控訴理由書

ユ・シミン控訴理由書の専門驚くべきアピール力に感心

ユ・シミン控訴理由書が話題になっている.

去る9日tvN「知っておくと無駄な神秘的な雑学事典」で柳時敏作家の控訴理由書秘話が公開されユ・シミン控訴理由書に対する関心が熱い.

ユ・シミン控訴理由書

ユ・シミンは1984年別名「ソウル大偽装活動家事件」に巻き込まれ、1年6ヶ月の刑を宣告さ受け、当時ユ・シミンが獄中で控訴理由書を作成し、その後、柳時敏控訴理由書が当時大学生はもちろん、判事たちも返し見たと言う.

ユ・シミン控訴理由書

この日ユ・シミンは「私は一台もないビートた。」とし「刑事が会おうとしてスリッパ集めていったが逮捕された. 陳述書にもならない書い主犯と告白したされていたよ」と当時を説明した.

ユ・シミン控訴理由書

ユ・シミンは「控訴理由書を書くの14時間程度かかった」とし「精密が不可能な状況であったため、すべての文と漢字のまですべて覚えた」と明らかにした.

続いて「刑務所に横たわって最初の文から最後まで頭の中にすべての文章を入れた」と伝えました.

ユ・シミン控訴理由書

ユ・シミンは「弁護士が控訴理由書を見ては、「一人で読むにはさっきウニちょっと返し見よ」と姉にくれた、それのコピーがされて広がっていった。」とし「以後、学校の先輩が毎日文章を書くことだけさせて頻繁に呼ばれて無料下請けを数年中したその時文を使っても食べていけるだろうね」という考えをした伝えた.

그럼 유시민 항소 이유서는 도대체 어떤 글 일까요 여러분도 한번 읽어 보세요~

ユ・シミン控訴理由書

[要か]

本被告は1985年4月1日、ソウル地方裁判所南部サポートで暴力行為など処罰に関する法律違反で懲役1年6月を宣告され、これに不服, 次のように控訴理由書を提出します.

[次]

本被告は、まず、この控訴の目的は、自分の無罪を主張したり、1審宣告刑量のグァジュンハムをエソ(泣き言)にいないことを明らかにしておきたいと思います. この控訴はちょうど道徳的にも改善された社会を渇望する進歩的人間としての義務を果たしする努力の所産です. また、本被告は1審の判決にどのような議論の距離が内包されているかどうか分からず、知りたいと思うもありません.

自分の行為の正当性を判断する基準として、本被告人が関心を持っているのは、神から与えられた良心という尺度で人間が作った法律はないからです. 法律の専門知識がない本被告として正義の法律が公正に運用されている社会であれば、良心の命令が法律との相互敵対的な矛盾関係に立つことは決して起こることはできないだろうという素朴な信仰の上に自分の人生を造り上げるしかなかった今後も同様である.

人間と人間, 人間集団と人間の集団の間で起こるすべての暴力行為は、本質的にその社会の現在の政治的·社会的·道徳的水準の反映であると同時に、将来のそれを決定する規定要因の一つである. したがって、「暴力行為など処罰に関する法律」(以下暴行法という) 違反の疑いで刑事訴追され、1審で有罪判決を受けた本被告人としては、自分が関連事件が私たちの社会のどのような政治的·社会的·道徳的状態の反映であり、, また、将来のそれにどのような影響を与えるのかを究明するとともに、事件と関連し、各個人と集団の倫理的責任を明確に明らかにする義務があると思います.

もし私たちの社会は、若い大学生が同時代の他の若者たちを暴行したという不幸な事件から「ゲトンイとドロスがが馬糞がを監禁暴行した. だから罰を受けた」は、式のありふれた教訓しか学ばなければそれこそ事件そのものよりも大きな悲劇だないことがないでしょう.

簡単に言えば、この控訴理由書は、, 不道徳な個人や集団は道徳的警告を, 法律に違反した者には法的制裁を, そして偽りの宣伝の中に埋もれている国民には真実の洗礼を与えることを裁判所に要求する請願書とさせていただき. 重ね明らか丹羽本被告は法律について論じたいことはないので、この記事の中で「責任」「義務」「果実」等の語彙は、特別な修飾語がなく使用された場合, その前に「倫理的」または「道徳的」という修飾語が省略されたものとみなして構いません. そして、本被告人が特に力をこめて言いたい単語や文章にはウィトジョムを使用しました.

本被告は、まずこの事件を定義(定義)してから、それを説明した, 事件と関連して、学生と現政権(本被告人が信奉する自由民主主義の基本原則に照らして、第5共和国が合法性と正統性を備えていないことを表示するために、政府の代わりに政権という言葉を使用しました) 各自が取った行動を分析することにより、この記事の目的を達成するためにこざいます.

この事件は、学生によっては、「ソウル大学校偽装活動家事件」で, 政権とマスコミによっては「ソウル大部外者暴行事件」で、または単に「ソウル大リンチ事件」といわれています. このような事件の名称の違​​いは両者が事件を見る視点を全く違っていることを意味する現象であるが、だからといって事件の本質そのものが変わるリーはくれです. 本被告人が、可能な限り客観的な立場から、この事件を定義ザラザラこれは「政権と学園との間の相互敵対緊張が高まった冠岳キャンパス内で, 捜査機関の情報源という疑いを受けた四人の偽の学生を多数のソウル大の学生が連行·調査の過程で, あるいは若干の、あるいは深刻な程度の暴行を加えた事件」です.

「政権と学園との間の相互敵対的緊張状態」を解明するために、私たちは4月、民主革命を踏みつけ、この地に最初の軍事独裁政権を樹立した 5·16 軍事クーデター以来、4半世紀にわたり続いてきた学生運動の反独裁民主化闘争ヒョルサ(血液の歴史)と併せて加熱されてき独裁政権の学園弾圧社を見てみるべきはずだが, この記事は、控訴理由書であることを考慮して、, 1964〜65年の対日屈辱外交反対闘争(いわゆる 6·3事態), 1974年のミンチョンハクリョン闘争, 1979年釜山馬山地域反独裁民衆闘争などをはじめ無数の闘争があり、きたという事実を指摘するために止みにして, 現政権の核心部分がしっかり形成されて、事実上の権力を掌握した1979年12月12日の軍事クーデター以来、状況だけに説明します.

今、私たちの社会の経済的矛盾, 社会的葛藤, 政治的不正, 文化的堕落は、誰もが過去の維新独裁の下で胚胎·発展して現政権下でさらに高度成長を遂げたものです. 現政権は、維新独裁の魔手からかろうじて出て民主回復を最大限に活用していた国民の希望を軍靴で踏みつけ, 5·17 暴挙に抗議する光州市民を国民が納めた税金と防衛寄付で武装した「国民の軍隊」を使用して無差別虐殺する過程で出現した血の力です.

現政権は、正式発足すらする前に道徳的には、すでに破産した権力です. 現政権が言う「新時代」と, 露骨·野獣的な維新独裁憲法にいろいろな種類の色鮮やかな粉飾をすることにより、, そして銃剣の脅威の下、国民に強要することにより、わずか形式合法性はあるがとれた「新しい維新時代」であり、, 彼らが言う「定義(正義)」と「少数軍部勢力の強権統治」を意味し、, 彼ら擁護する「福祉」とは、排他的な財閥をはじめとする「ある者の喜び」を意味する言葉です.

「経済成長」、すなわち資本主義の発展のために「非効率的な「各種民主制度(三権分立, 政党, 労働組合, 自由, 自由集会結社) などを廃棄せようとする思想的傾向を、私たちは、ファシズムと呼びます. そして、そのようなファシスト国家の言葉が全人類を災害に陥れた大規模な戦争挑発と敗北による崩壊だったり, 最も幸いな場合にさえも、その国民に甚大な政治·経済的破産を余儀なくされたまま権力内部の闘争で自滅する道だけであることを今世紀の現代史は証明しています. ナチスドイツ, ファシストイタリアの, 軍国主義の日本は、電子の代表的な実例であり、, スペインフランコ政権, 合法政府を転覆させて登場したチリの·アルゼンチンなどの軍事政権, 一日の夕方に崩れてしまった維新体制と今になってようやく著しい崩壊の兆しを見せている、フィリピンのマルコス政権などは後者の典型的であるのは明らかです.

国は、それが国家だからではなく、, それだけではすべてのメンバーに、互いに干渉することなく自由に幸福と自己実現を追求することができる条件を設けてくれるので、尊います. 過去数年間、, 人間らしい生活のための最小限の条件を要求して闘争した労働運動家, 神の国をこの地に実装するために努力した良心的、宗教家, 真実と真理のために苦難を甘受したジャーナリストや教授, そして、民主制度の回復を切望してきた民主政治家の先鋒に立った若い大学生は不道徳で暴力的であり、非民主的であるだけでなく、反民衆的であるため、, 国民が自由に見たり聞いたり話すことができる条件の下であれば、一週間も維持することができない現軍事独裁政権がそのように尊い祖国の代理人になることがないことを主張してきました. 私たち国民は、より民主的な政府を持つ資格と能力があると信じているからです.

しかし、現政権は 12·12 軍事クーデター以来、4年の間におよそ1,300人の学生を、様々な罪で拘束し1,400人を除籍させる一方、少なくとも500人以上を強制的に徴集して警察署の留置場ですぐに兵舎に連れて行きました. だけでなく、校正の隅々に監視警戒所を立てて私服刑事を常駐させると同時に、それも足りなくて、教職員までデモ鎮圧通り動員する未曾有の塾弾圧を行っています. その一方で、一度もこのような事実を認めたことがありません, 1982年機関員であることを自称した暴漢に子供女子学生がそれ矯正で強制わいせつをされる途方もない事件が起きた時でさえ, 最高位治安当局者は、国会対政府質問に対して「校内に警察を常駐させたことがない. デマの震源地を明らかにバルボンセクウォン」と平然と答えた程度です.

現在塾を風味している政権, 特に警察に対する不信と敵意は、このような政権の塾弾圧と権力層の常習的な嘘がもたらした有害な結果の中の一つにすぎません.

寓話の羊飼いの少年の嘘は群れを失ってしまう小さなできごとを生み出すためにとどまったが、, 主ユワン(周あなた王)この美女窩(賞賛のように)を楽しませるために虚偽の狼煙を上げたことは、中国大陸全体を後に500年にわたる大戦乱の渦中に巻き込まれたきっかけになりました. しかし、賢明な人なら、誰も羊飼いの少年の叫びを無視した村の人々や野蛮人に蹂躙やら週まで(周)王室を放っておいた諸侯を愚か言わん. 政権の主張であれば豆に麹をスンダも信じたくない学生の不信は果たして誰の責任がか?

さらに野蛮で不道徳な学園弾圧は、全国の各大学で命をかけ抵抗を誘発し, その結果、いちいち数えきれぬほど多くの学生が命を失ったり重傷をされました. ソウル大学だけでも高キム・テフン, ファンジョンハ, ハンフイチョルなど三もの若い命が犠牲にされました.

このような状況は、83年12月のいわゆる自由化措置後も週電線(主な前線)この校門に移動したというただ一つのことを除いて、ほとんど変わらず続いており, 特に、昨年9月に組合復活を前後して、さらに強化された捜査機関の学園寺院, 校門前検問, 続いや強制連行などによって両者の間の敵意も前例のない高まっていまし. つまり、いわゆる自律措置後も「学園と政権との間の敵対的緊張状態」は、まだ続いていたのです.

この事件は、まさにこのような条件の下での寿命の偽学生が捜査機関の情報源という疑いを受けるに値する行為をしたため、ほとんど自然発生的に起こった予期せぬ出来事です. これらの疑問を受けるに至った経緯と事件の経過は、すでに明らかになったので、再論する必要はありません, ここで、偽の学生については、若干のより多くの説明が役に立つと思います.

彼らが実際に情報源であるか否かは、極めて重要な政治的関心辞任に明らかであるが、事件の法的·倫理的側面とは距離がある問題です. なぜなら, 学生が連行·監禁·調査または暴行したのは、決して情報源や単なる偽学生ではなく、「情報源の疑いを受けている偽の学生」だったので, 調査の結果、彼らは情報源であったとして暴行も公正であることはありません, また、ないし、学生の一切の行為がすべて不当たと言うこともできないことだからです. 本被告人が、この問題について再論しないのは、彼らが情報源ではないと考えているからではなく、まさにこのような理由によってです.

様々な目的のために、学生のように偽装して、キャンパスを徘徊する多数の偽の学生, これらのいわゆる大型化·総合化された今日の大学で, 卒業定員制·相手評価制など、大学を社会の現実に対する批判意識が麻痺して、第一、体よく生きることだけに関心がある専門機能の集団養成所に転落させるために独裁政権が考案したの各種制度が引き起こしたバー, 大学人の噴霧·孤立化など非人間化現象を乗じキャンパスに寄生する反社会的人間集団として, 校内で日常的に行われる窃盗·詐欺·わいせつ·学園寺院の補助活動(ソンヒョング場合のように) など複合的な関連を結んでいることにして、大学の相互間に大規模な不信感を造成し、大学の健康コミュニティ文化を破壊するガン的存在です.

現政権は、これらが大学人の一体感を破壊しているだけでなく、校内に私服警官を常駐させることで生じた数々の問題さえ、彼らに責任転嫁することができるという(女子わいせつ事件の時のように) 利点のために偽の学生の氾濫現象を傍観または助長してきたものです. したがって、学生がこれらについて、普段抱いている嫌悪感がどのように行くを説明する必要すらないことです.

これら, これらの偽のが, あるいは復学生たちの小規模集会の席上で, あるいは図書室で, 法科大学のオフィスで, 教室で, 堂々と学生のふりをしながら、学生の活動に関する情報収集活動をしてばれた場合, 法が怖くて、これを容認することが倫理的に正しいことでしょ? 相互敵対的な雰囲気の中で, すぐにそれらを送ったであろうと推定されている捜査機関に, 情報源の疑いを受けている偽の学生の身分調査を依頼することが起こることがあるでしょう?

もちろん大学のキャンパスは、開放された場所なので秘密の寺院の行為だけでなく、以前のように、数百、数千の情報·私服警官が校正を世界中かき回し通うあっても、これは全く非合法行為ではないでしょう. しかし、本被告は、これらの行為が道徳的に望ましいという言葉を聞いたことができませんでし. 一方、このような不道徳な塾弾圧行為に対する学生のいかなる実質的抵抗行為も, たとえそれが倫理的に正当なことだが、, 現行の法律の明白な侵害になります.

ここで公正な社会であれば、存在しない法の良心の相互敵対的な矛盾関係が必然的に発生します. 誰もこのような状況では法と良心のすべてを守ることは不可能です.

この事件こそ、私たちの社会全体が, もちろん大学社会も含めて, 当面の政治的·社会的矛盾の集中表現という学生の主張は、まさにこのような論拠に基づいたものです.

法は、自己を強制することができる力を保有しているが、良心はそうできません. 法は、一時的、相対的なものだが、良心は絶対的永遠ます. 法は、人間が作ったものだが、良心は、神から与えられています. そこで、本被告は良心に従いました. それは法を守ることが重要ではないからではなく、良心の命令に従うことが、より重要だったからです. 本被告だけでなく、すべての学生が, この事件だけではなく、それ以前のどの事件でもそうでした.

昨年9月に, 10仕事にわたる一連の事件は、このようにして起こったことです. しかし、独自のとしてそれほど複雑ではない、この事件は、ソウル大生のミンハン当社座り込み事件, 主な生徒会幹部の除籍·拘束, 「学生運動の暴力化」の政権とマスコミの大攻勢, ソウル大の試験拒否闘争と大規模な警察の投入などの深刻な衝撃波を運転してきた, 控訴事実をほぼ全面的に否認する被告に有罪を宣告することにより、一段落したバーがあります.

事件終了翌日の9月28日, 前学徒護国団チョンハク生長ベクテウンと一歩遅れて偽装活動家事件対策委員長を兼任した社会大の学生会長オジェヨウン群などが指導したミンハン当社座り込みは、自然発生的·解体に起こったこの事件を不道徳な塾寺院と政権の非民主性を批判する組織の闘争に高揚させるためのものでした. たとえ偽学生を調査する過程で、学生の法律的·倫理的過失があったとしても、, そのため、学園寺院の存在という別の政治的問題を上書き置くことはできないので、, この闘争は、それ自体として完全に正当な行為であったと見被告人は、思っています.

このことがあった翌日の9月29日の夜, 学校当局はイ・ジョンウ·ベクギヨウン·ベクテウン·オジェヨウンなど4人の総学生会の主要な幹部を電撃的に除名処分し, 本被告は9月30日ハオ警察に令状なし強制連行された後、数日間の調査を受けて拘束されてい.

本被告が最初に連行されたのは、事前に逃避していないためであり, 逃避していないのは、必要性を感じなかったからであり、, 必要性を感じていないのは、逃げるように間違ったことがなかったからです. 本被告は警察·検察での調査と法廷陳述時記憶の限界に起因する軽微な錯誤に加えて、いかなる修正·覆すもしたなかっただけの事実をそのまま言っただけです.

とにかくソウル市警局長は10月4日、いわゆる「ソウル大部外者暴行事件」の捜査結果をドーハ、各新聞·テレビ·ラジオを通じて発表したが, 同氏によると、4人の部外者を監禁·暴行したが、一連の事件が復学生協議会代表であった本被告と学生の代表者の合意の下に、意図であり、組織的に作られたということでした. しかし、少なくとも、10月4日以前に警察に連行されたいくつかの学生のうち(本被告を含む) 誰もが発表を支えて与えるべき陳述をしたバーず, 後に作成された拘束令状·控訴状と関連学生の訊問調書がすべてが発表の基本線に合わせて作られたものであることは、, もし、すべての書類を日ごとに検討見れば, 誰の目にでも明らかです.

一言で10月4日の警察発表問い合わせ本質は苗の政治的目的のための歪め·針小棒大·捏造歪曲まさにそれです. その目的とは、ほかではなく、学生運動を暴力的な破壊活動に中傷することで、この事件の政治的性格はもちろん、現政権自体の暴力性と道徳性を隠蔽しようとすることです.

この目的を達成するためには、この事件が解体·偶発的にではなく、, 学生団体の代表者によって組織的、意図的に作られたものでなければしました. そうしてこそ何人かの関連の学生だけでなく、学生運動全体を誹謗することができるからです.

だから総学生会長, 学徒護国団チョンハク生長, 偽装活動家事件対策委員長, 復学生協議会の代表などは, 彼具体的にどのような人間であり、どのような行為を実際にしたかに関係なく、宣伝のための最も簡単な犠牲になってこそいたのです.

もちろん、これらの手法は、過去数十年間のを続けてきた独裁政権が機会あるごとに常套的に駆使してきた古い手法をそのまま踏襲したものに過ぎず、, 全く新しいものはありません. そして結果的に、現政権は膜発足したソウル大生徒会の主要幹部の活動を実質的に封鎖すると同時に、, 60万の大軍を動員してもビート割れることがない学生運動の道徳性を傷つけることにある程度は成功したと思われます. したがって、まるで自分が道徳的な存在となったような自己満足さえ少し味わうことができたはずです.

検察も事実を明らかにすることではなく、警察の発表を裏付けるためにのみグプグプハヨ大同小異した内容の公訴を提起して, それだけ執着してきました. 事件発生後1ヶ月もより過去昨年11月, 冠岳警察署捜査課の刑事たちがキム・ドヒョン·ソンテク万軍などの罪のない学生に厳しい拷問を加えることにより、控訴事実と一致する虚偽自白を, 刑事たち自身の表現を借りれば「絞るた」という事実がその証拠です. つまり、警察は、この被告が「暴行法」に違反したという証拠をその「暴行法」に違反して、関連の学生を拷問することにより、絞られています. その絞るれた虚偽自白が証拠として採用されることができない本体も「法の前の平等」という重大な問題はまだ残っています.

全く正当な倫理的基礎を持たなかったので、良心的なとしては服従の義務を感じる必要がなかった過去の緊急措置や、現行の「集示法」とは異なり、この「暴行法」は守らなければならず, また、続くことができる法律だと思います.

しかし、刻印は、現政権の政治的見解に基づいて、この法律の前で不平等な位置に置かれています. 本被告は, 寡聞たせいか分からないが、, 学生を常習的に暴行·拷問する各大学の前の警察署の情報課の刑事たちがそのために「暴行法」違反で刑事訴追されたという似たような話すら聞いたことがありません.

しかし、昨年5月19日, 「民主化運動青年連合」が主催した光州抗争の犠牲者の追悼集会に参加したが帰宅する途中に, 彼女自身除籍学生でありながらも、高麗大学除籍学生である書院基氏の夫人イギョンウン氏が東大門警察署ヒョンサデの蹴りに6ヶ月もした胎児を死産した事件が起きた時, その夫婦は、この法律の保護しか置かれていることは誰の目にでも明らかに明らかになった. 告訴状を受理てからも, 検察は捜査すら開示していないからです.

本被告も複数回捜査機関に連行され、調査される過程で暴行されたことが一度や二度ではないが、この法律の保護を要求する意欲さえ出してみたことがありません. ところが、その誰にも脅迫や暴行を加えたことがないにもかかわらず、本被告はポクリョクボムで有罪を宣告され、しまいました. 本被告人が、あえて過去のことをこのように、この暴き出しガムは、唯一の, よく言われているバー検察の政治的偏向性の存在を喚起するためのものです. つまりこの事件を担当した警察官も前明らかにした現政権の政治的陰謀とは無関係していないことを指摘するためでした.

結論として検察が主張するところ公訴事実のほとんどは、不純な政治的目的のために警察が捏造した事件の内容を裏付けるためのものであって, 一方においては、政権とマスコミが共謀して、広く流布させた一方的な偏見の基礎の上に立っており、, 同時に一方では、警察が拷問捜査を通じて絞ら関連学生の虚偽自白によって支持されている空虚な内容に満ちたものです.

しかし、本被告人がこの事件で明らかになった学生の果実と本被告自身の法律的·倫理的責任を回避するためにこのように政権の不道徳を音の高さ糾弾しているわけでは決してありません.

偽学生の連行·調査が倫理的に正当であるソンチも, これらに加え暴行までを正当化する意向はありません. 調査のための制限は、可能な限り短くし、暴行があっません. もちろん現象的に暴力のように見えるして、それが本質上だ暴力の領域に属することはできませんが、, 困っている個人に、複数のこの加えた暴行はたとえそれが警察の理由の敵意の足であると同時に、彼らは常習的に学生に加えてきた拷問を真似たものであっても、学生運動の非暴力主義で明らかに離脱した行為と判断する必要があります.

また、暴行を加えた当事者が、自らの責任を果たしていないこともかかわらず、それを困難にした当時の特殊な政治的事情が介在された手としても, 学生が持っている倫理的欠陥の表現だと思います.

しかし、, 彼自身の攻撃と絶対に全く関係し事件全体とも全く関係がないとして間違いがない総学生会長イ・ジョンウ軍が自らの責任を背負って控訴すら放棄したという美しい行為が, 誰も気軽に暴行の責任を果たししようとしないことにより、発生した倫理の空白状態をある程度は埋めてくれた本被告は確信しています.

本被告はやはり言動や調査を指示した事実はありません(指示する必要がありませんでしたので), もしその必要があった場合、いつでも喜んで直接それらを連行·調査したものです(それ違法であることはもちろん、よく知っている).

本被告は復学生協議会の事実上の代表として、個人的に非暴力の原則を遵守しなければならない消極的義務に加えて、学生運動の全体のレベルでも、この原則が貫徹されることができるよう努力すべき積極的義務も果たすべき場所にあります. したがって、問題の9月26日の夜電気銅, ジョンヨンボム量が音れる光景をしばらく見てからも、それを制止しようとしていなかった本被告は他の学生よりも大きな倫理的責任があることは明らかです(法律的側面では、どうか分からないが).

また、イムシンヒョン, ソンヒョングの場合にも、本被告人が事件に遭遇した時はすでに監禁と調査が進行中だったのでどのような指示を下す必要が全くありませんでした. しかし、本被告自身も調査のための監禁に明らかに賛同しており、, また、一瞬直接調査に取り組んだこともありますので、法律を破ったことは間違いない事実であり、, それに伴う責任であれば、快く監修しています.

しかし、この二つの人の場合, 可能な限り短い監禁と非暴力という原則を貫徹させるために最善を尽くしており, 実際にこの原則が貫徹されたので、本被告は何ら倫理的責任も感じません.

とにかくかなりの程度の法的·倫理的責任が自分にあることを引き取りにイ・ジョンウ群のように振る舞うこともあっただろう, そのまた、悪くないことイオトウリラと考えてい. しかし、すでに明らかにしたように、あまりにも明白な政権の陰謀の装身具になる可能性のために、本被告は事実と異なるのは、それがどんなに些細なことでも, 決して是認しないだろう決心し, また、このような姿勢で法廷闘争に取り組んできました. そうしてこそ、この被告人は、自分が感じている責任感が, 控訴事実を既成事実化させるために力ずくで要求するそれとは性質上全く異なるものであることに見えることがあるからです.

なお、この被告人は、この事件の裁判が持つ政治的意味は何であり、, この事件を、私たちの社会の道徳的進歩のきっかけにしよに司法が本来の倫理的義務を果たす必要があることを言ってたいと思います.

この事件は、累積された政権と学園との間の不信と敵意を背景にして寿命の偽学生が行った, 全く非合法とすることができませんが、明らかに不道徳な情報収集行為が本質的に不道徳ないが、明らかに不正な学生の対応行動を誘発することにより、引き起こされた事件です.

長年の間、現政権が示した様々な不道徳な行為 - 学校内の警察を数百人ずつ、または常駐させながらも、全国民に嘘の証言をした治安当局者の行為, いわゆる自律措置という美しい看板の上の音声的な学園査察を続けてきた(これに関しては、法廷で詳細に明らかにしたこと) 捜査機関の行為, 不純な政治的目的のために、この事件すらはばからず捏造·歪曲した行為など - は、同じ根から生えた異なる種類のに過ぎません.

しかし、この裁判は事件の真の原因を究明して、それに対する処方を下すのではなく、学生の行為の中で不正な部分だけを問題視し、処罰するためのものです. おそらく司法自体は、このように不道徳な政権の学園乱入行為を擁護しようとする意図がないかどうかもしれません. しかしながら事態の前後の文脈を全部無視したままの調査のための連行·監禁さえ(暴行部分ではなく、) 刑事罰の対象と規定した1審の判決は, 今この時間にも様々な反社会的な目的のために矯正を徘徊している数多くの偽学生と情報源の身辺の安全を確保した「偽学生と情報源の安全保障宣言」ではなく言うことができないのです.

本被告は決して生徒の行為すべての無罪判決を求めていません. 繰り返される言葉だが, 不道徳な者に対する道徳的警告と併せて法に違反した者に対する法的制裁が加えなければならず, 虚偽の宣伝に埋め込まれた国民には真実の洗礼を与えなければならないということ, 事態の責任の所在を明らかにしなくては私たちのすべての道徳的向上は期待できないことを主張するだけです.

法廷が神聖なのは、それが法廷であるため、決してなく, そこだけは、虚偽の美しい仮面を引き裂く捨て、時には醜くて見えても真実の真の姿を満たすことができるからです. もし今日の司法が空が崩れて定義(正義)を立てて, また、その定義が強者(強いです)の支配を意味しない場合, 1審議裁判の過程で埋めた真実が再び命を付与することが必要だと、この被告人は信じています. そうでなければ、私たちは、おそらく、この事件によりそうでなくて、簡単に崩れてしまう難しいほど高くなっている現在の不信と敵意の障壁の上に怒りの可視つるがまた加えられることを見なければならあり, いつかはさらに激しい形で爆発する類似の事態を必ず出会うことになります.

過去5年間の間、現政権に反対したいろいろな種類の罪で投獄されていた1500人余りの良心の囚人が一人ももれなくが「神聖な法廷」から「正義の裁判官」によって有罪判決を受けました. 野獣的な維新独裁治下でもやはりそれだけ多くの方が前代未聞の悪法」緊急措置」を守らなかったし、獄中生活をしました.

緊急措置違反事件の報道も緊急措置違反だったので、誰もそのことを言うことさえありませんでした. 弁論をしていた弁護士もその論争のために拘束されました. 今になって緊急措置が正義の法律だったと主張する人はあまりありませんが, そしてその投獄れた方が「反社会的不純分子」または「移籍行為者」だったと言う人もほとんどありません, その方たちを「囚人」で作成された裁判所は、今もなお「神聖である」とし、, その方たちを起訴しその方たちに有罪を宣告した検察と裁判官たちも「定義の実装」のために働いているとします.

誰かが「これまで韓国の司法が定義を無視してきた」と言うならば, それは "法廷が民主主義の処刑場で使用されてきた」は意味でいます. 誰かが「これまで韓国の司法が定義を立ててきた」と言うならば, そして彼は本当に真剣な人間なら, 彼は間違いなく「定義とは独裁者の意志である」と固く信じている人間である.

本被告はそこ民主主義が殺害されながら流した血のにおいが濃く染みているからではなく、, そこだけは真実の真の姿を満たすことができるという意味での神聖な法廷で裁判を受けたい.

本被告は、自分自身に有罪を宣告する裁判官が「自分の地位が揺るぎない限度内でのみ定義に興味を持つ「そのような程度ではなく、「空が崩れても定義を立てる」賢明な裁判官であることを切に願っているのです. そして真実を明らかにすることこそ定義が設定土台を構築することだと考えています.

以上の議論に基づいて、本被告は1審判決に承服できない理由を簡単に述べたいと思います. 本被告は判決文を受けて見たとき全く悲しい心情を禁じえませんでした. なぜなら、それはなんと7回にわたって行われた審理の過程で明らかになった事件の内容とほぼ無関係なものだからです.

したがって、本被告人がそのように真剣に取り組んだ裁判の全過程がただ予定され判決をもっともらしく飾ってくれるために行われた無価値な飲食行為に過ぎなかったことを後になって気づいたからです.

まず, 「判決理由」の「犯罪事実」第1項中「······妊娠県····· 音れるのを目撃して, 被告人ユ・シミンは声明仏学生に、上記イムシンヒョンの身分を確認·調査するようにして···」という部分は、形式論理上ですら成立することができませんでした.

本被告に指示を受けた学生が実際に存在するという事実が証明された場合, どのように彼の声明仏像ことができますか? そして、本被告人が一度もこれを認めたバーず, ベクステク群など多くの学生の記述はもちろんの, イムシンヒョン自分の法廷陳述に完全に依存するとしても、, 本被告人が妊娠県連行音ていた現場にいたことを証明することは不可能なことだが, まして、この被告人が声明仏像の誰かにどのような指示を下したということが、どうして証明可能でしょう? 事実、本被告人は、その後、そこにいませんでし.

次の, 「犯罪事実」第2項中「·····上記ノリ人は被告人ベクテウンと被告柳時敏前····· 音して同人(ソンヒョングをいう)に全治3週間の·····多発性左上を加えた·····"部分も, 「ベクテウンとユ・シミンに調査される間、一度も暴行されたことがない」としたソンヒョング自分の法廷陳述にも矛盾します.

そして「犯罪事実」第3項中「被告人ユ・シミンは·····同じ(9月26日をいう) 21:00頃から翌日 01:00まで被告ユンホジュン, 同じオジェヨウンとベクギヨウン, 南昇佑, オスンジュン, アンスンユンなどのように·····(ジョンヨンボムを)·····継続調査することを決意して·····"と"犯罪事実」第4項中同様の部分も, 本被告人が当時進行中だった総学生会長選挙の管理と学生会則の問題について選挙管理委員と長時間にわたり議論した事実を歪曲しておいたものに過ぎず, これオスンジュン, キム・ドヒョンなどの文によっても明らかに明らかになったことです.

このいくつかの例は、特に顕著に事実と異なる部分を指摘ものに過ぎず, 判決文全体がいちいち列挙できないほどの類似矛盾点を内包していることは言うまでもさえありません. これは事件全体が本被告と学生の代表者の指揮の下、意図的に行われたかのように見えるようにしようとする政権の意図を反映する現象として, 実は判決文の内容のほとんどは、針小棒大·歪め·捏造歪曲された昨年10月4日、警察発表文を原発(原典)で三拘束令状·控訴状を経て助詞一つ変えられていないまま運ばれたことの証拠である.

1判決は、このような理由により, 事件と関連し、各個人と集団の倫理的、法的責任を明確にすることで、私たちの社会全体のモラルの向上に寄与しなければならない司法の社会的義務を根こそぎ放棄ものと判断していないことができません.

重ね明らか丹羽本被告人がこのように1審判決の不当性をあえて指摘したのは、自分の責任を回避するためにではなく、正当な理由による有罪宣告をしたいからです.

最後に, 現在、まるで「暴力過激学生」の例のようになってしまったこの被告人は、この控訴理由書の結びに代えて、自分のためにいくつかの単語の言い訳を取得するし.

本被告は、他の人よりも激情あるいは、支柱に好きな人間が決してなく、, まして赤い水が入っているか、暴力を崇拝する若者は、さらにはないからです. 本被告は街中でよく見ることができる最も平凡な青年に過ぎず、いつも「火を見すぎることはいけない」, 「隣人の痛みを私の痛みのように考えてください」, 「嘘はいけない」と教えてくれた, 今はその方のお名前すら覚えていない小学校時代の先生の言葉を不変の真理と考えている, むしろ少し愚直な方に属する若者です.

本被告はこの言い訳を介して最も純粋な愛を実践していく, 祖国のために無限の愛を実践する行為, すなわち民主主義の再生を必要とする学生の闘争全体を擁護しようとします.

今から7年前の1978年2月下旬, 故郷路地の入り口に立って誇りに見ボシドン母の目を背中に感じながら大き目の荷物の包みを持ってソウルに留学の道を離れて来たとき, 本被告は裁判官を志望する (その長さ六もの子を育て上げのに良い服, ジューシー食品を一生外面てこ両親に報いる道だという気がしたので、, また、そのことが悪いことはないことを確信していたので、) まだオリンチを脱がなかった十九歳の同胞の少年であっただけです.

すべてのこれらのから温かい祝福の言葉だけを聞くことができたその時に, ソウル大学社会系の新入生だった本被告は「維新体制」という言葉に血と刑務所の匂いが混ざっていることは、本当に知らなかった. 「維新だけが生きる道だ」と言われた社会の先生の言葉が嘘であることもありませんでしたから. 今日はいつも甘くするだけし, 思いだけで胸ときめくた未来はひたすらバラ色の希望の中に包まれていました.

ところが、ツツジはすでに枯れたが、まだアカシアの花は咲く前の5月のある日, 眩しく明るい日差しの下青くのみ行ったキャリブレーションで, 初めて味わうスパイシー催涙ガスと手に負えなく湧いて出てきた涙の向こう髪の毛をつかまえられたまま引きずられて行ったよリディ弱い女子学生の姿を, 学生会館の奥まった隅に隠れておびえ胸を握ったまま、見たことです.

その日以来、すべてのものが少しずつ違う意味で近づい始めました. 寮の入り口展望台の下に校内常駐していた戦闘警察が日々野球をする風にその場だけ白く剥がれていた芝生の見苦しい姿は, 思い出す的にジョリなる胸の中が泊まった傷になっています. 十六花のような処女が毎週日曜日60時間以上を働かせることによって得る1カ月分の給料よりも多くの私たちの下宿代が恥ずかしくなりました. ビールを飲んでも, きれいな女子学生と考古学ミーティングをしながらも, ふと悪いことをして捕まっ子供のようにほてりことが多くなりました. このような現象がある」問題の学生」になる兆しだったよう.

そして、その冬, 愛する先輩が「神聖な法廷」で囚人となって出てくるのを見た後, 自分が法服を着ノプダラン席に座っている姿をかなり深刻な悩みの末、頭の中で消してしまいました.

翌年の夏, 本被告は経済代表に選出されることで、最終的に問題の学生であることを、学校当局と捜査機関から公認受け, デモがあるときは先頭に立って石を投げるに至りました.

そして漸増する民衆の反独裁闘争におびえた維新政権が内紛で崩壊してしまった 10·26政変後には, 悪夢のようだった2年間の修復治下大学生活を清算しようと組合復活運動に参加して、1980年3月に「総学生会代議員会の議長」という重要な職責を引き受けることになりました.

忘れられない、その春の闘争が挫折した5月17日, 本被告は突然スロイ拘束学生になり、, 「教授と花嫁を打つたこと」を誇る視大統領警護室所属議員らと, 後日釜山で「ギムグンジョ氏拷問殺害事件」を起こした張本人だ治安本部特殊捜査官から2ヶ月間、のひどい苦しみを受けた後, 金大中氏が、各大学の学生会長に資金を分けて受けた虚偽の陳述をしてくれないことがありませんでした.

拘束3カ月で英語も分からないまま軍法会議公訴棄却の決定に釈放されたが, 数日後に身体検査を受けるとすぐに、わずか40時間で変則入隊あたりで今回は「ガンジプ学生」になるに至りました.

入営前夜に見知らぬ故障の理髪店で髪を刈りながら本被告は生きているということが、もはや祝福ではなく恥辱であることを悟りました. その日以来、除隊した日までの32ヶ月の日中この被告人は、「特ビョンジャ」(特殊的変動者)という新しい名前を持つようにされており, いつも監視の対象として最前線末端ライフル中隊のソチョンスを除く一切の補職から遮断遭わなければならなかった.

そしてマイナス20度の酷寒と非に山腹をガラ上げた鉄棒と夜空の星だけ友視生活がまま慣れたり前同年ジョムルニョク, 当時二等兵だった被告人は、大学時代友人が関係した配布資料の事件に関与している1ヶ月の間、ソウル保安司紛失や地域保安部隊を転々としながら、大学生活全般についての詳細な再調査を受けた最後に、自分の思想が左傾た, 心にもない反省文を書いただけにして部隊に復帰することができた, 同時に、他の連帯に転出されました.

しかし、本被告は民族分断の悲劇の現場である中東部戦線の最前線で, また、最末端ライフル中隊という私たちの軍隊の期間袋から3年を過ごすことができたことを大きな幸運に思って他人に負けない素晴らしい兵士だったことを確信しています.

ところが、除隊わずか二ヶ月後に控えた1983年3月, もう一つの試練が待っていました. 昨年、世界を驚かせた「緑化事業’ または「管制偽装活動家工作」がまさにそれです. 人間が一新の安全のために脱ぐ売らないことがないように強制的にするための最も非人間的な形の抑圧が数百特ビョンジャに加えられたものです. 当時現役の軍人だった本被告人は、治安部隊の恐怖感を勝ってないず、形式的たとえ自分のニーズに応える妥協策として、改修の安全を図ることはできたが, それによる良心の痛みは避けられないことでした.

このように、軍事独裁政権の暴力弾圧の恐怖感に押しつぶさ過ごした被告人に生活と闘争に向けた新たな意志を蘇らせてくれたのは、本被告と同様に強制徴集された学友のうち6人緑化事業に関連して相次いで謎の死を受けしたり、自ら命を絶ったの衝撃的な出来事でした.

同志を売るよりはむしろ死を選んだ純潔良心の宣言の前に、本被告も、いつまでも自分の卑怯を恥じていることはありませんでした. それこそ純潔精神に対する侮辱であるせいです.

だから1983年12月の除籍学生ボクギョ措置を契機に、この被告人は、友と一緒に「除籍学生ボクギョ推進委員会」を結成して、この野獣的な強制徴集と緑化事業の廃止のために, そして、真の学園民主化を要求してボクギョしないまま闘争しました.

この時にも政権は緑化事業の存在, いや, 強制徴集の存在さえ否定しながら、私たちに「ボクギョを度外視したまま、政府の銀貨を政治的扇動の材料として利用するごく少数左傾過激除籍学生」という全く珍しい用語を使用していく, 御用マスコミを動員した大規模な宣伝攻勢を広げていまし.

そして昨年9月にいくつかの事情で復学になったとき、この被告人は「民主化のための闘争は、いつでもどこでもどんな形で継続されるべきでない」という所信に基づいて「復学生協議会」を組織しました. しかし、わずか復学してから半月ぶりにこの事件で再び除籍学生兼拘束学生になっただけでなく、, 本被告人の名前は、「暴力学生」の代名詞となってしまいました.

本被告はこのようにして5.17暴挙以後二度も第適当な最初の, そして、いわゆる自律措置以後最初に拘束起訴され, また、「暴行法」の違反で有罪判決を受けた「暴力過激学生」がされたものです.

しかし、本被告人は、今でも自分の手が決して暴力に使用されたことがなく, 自分が変わらず穏やかな性格の所有者であることを間違いありません. したがって、老い歩ま母が息子の苦しみを悲しんでウルシニョンな法廷の片隅で, 細長い拘置所の塀の下で涙ぐんおられる単一の悲痛ことを除けば、, 体は0.7坪独房に閉じ込められているが、本被告人の心はいつも平和に満足して.

輝く未来を考えるたびに、胸ときめくた十九歳の少年が、7年が過ぎた今許されない暴力団のように非難なったのは、決して従順な少年が非道な青年に成長したからではなく、, この時代が「最も従順な人間の中で最も熱心な投影を作り出す’ 不正な時代だからです.

本被告人が、過去7年間経てきた人生の旅は決して特殊な例外ではなく、この時代のすべての学生が共有する普遍的経験です. 本被告はこの時代のすべての良心とする「民主主義への信頼」に照らして, 正統性も効率も持たない軍事独裁政権に抵抗して, 民主制度の回復を要求する学生運動こそはさみ押さ民衆の魂を振って覚醒早朝鐘であることを確信しているところです.

今日は、軍事独裁に対抗勇敢に闘った偉大な光州民衆抗争のトーチが最後に乗って上がった日であり、, 友であり同志であるとキム・テフン烈士がアクロポリスの灰色の階段を純潔疲労湿らせたままの花びらのように離れて行ったその日であり、, 煩悩にあえぐ人間を救うために仏がこの世に来られた日です.

この神聖な日に、人間解放のための闘争に身捧げ道数多くの精神を基ながら、小さくしないでください丁寧に少ないこの記事は隠された真実を明らかに少しでも足しになることを願ってます.

矛盾だらけだからこそ、より自分の国を愛するこの被告人は、, 火が横行する時代であれば、いつでもどこでも妥当な格言の4クラソープの市区では取るに足りない独白を終えたいと思います.

 

「悲しみも怒りもせずに生きていく者は祖国を愛していない”

 

1985年5月27日

有市民

ソウル刑事地裁控訴第5部裁判長あなた

また、チェック

樹脂

樹脂イミノ決別愛だけ成熟ジギル

樹脂イ・ミンホのカップルが別れた. 2015年3月熱愛事実を認めながら樹脂イ・ミンホは芸能界公式カップルが …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *