/ ニュース / 光州メールスが疑われる患者大学病院音圧隔離病床移送

光州メールスが疑われる患者大学病院音圧隔離病床移送

光州メールスが疑われる患者確定判定28日

光州でメールスが疑われる患者が発生した.

27日午後2時30分頃、光州西区某病院を訪れた60代の女性がメールス感染を検査するよう依頼した.

この女性は、1次検査の結果メールス疑いの症状を示した. メールス疑いの女性は、体からのインフルエンザとして知られてA型インフルエンザウイルスの陽性反応が出たこれ保健当局は、マニュアルに基づいてメールス疑いの女性を光州某大学病院音圧隔離病床に移送して追加検査を進めているという.

メールス

この女性のメールス感染するかどうかは、28日午前中に出てくる予定だという.

メールス疑いの症状を見て、この女性は、イスラエルを訪問した去る26日に帰国したが、高熱の症状などを訴えたことが分かった.

メールス

2年前、2015年に韓国はメールス拡散に大きなはしかを経験しましたが

メールス中東地域のラクダとの接触を介して感染する可能性が高く、過去2015年、私たちが経験したように人との間の感染も可能であった.

メールス

2015年メール菅初めて発症して、保健当局は、国民の過剰な不安や誤解を防ぐためにメールス関連情報を医療スタッフにだけ公開した.

このような情報ブロックにより、当時メールス3次感染者まで発生し、大韓民国を恐怖に襲われた.

また、チェック

MBC

ベヒョンジンアンカーギムジャンギョムMBC社長解任直接伝えスト撤回

ベヒョンジンアンカーがMBCギムジャンギョム社長の解任のニュースを淡々と直接伝えました. ベヒョンジンアンカーは13日、MBCニュースデスクで …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *