/ ウェブサービス / Webプログラム / Googleのスピード適用Webページ速度の改善

Googleのスピード適用Webページ速度の改善

ホームページを運営しながら、Webページの読み込み速度が大幅に気になる部分です.

高速読み込み速度を出すためには、インターネット回線とサーバーの仕様が重要だが、サーバーを直接操作していない方ならホームページ最適化だけでも、十分、Webページの読み込み速度を向上させることができます.

現在マイストーリーはページスピードの操作を介して既存の66点で82点に引き上げ調整しました.

接続者とサーバー環境に従っ少しずつ異なりますが、従来比20点以上上昇したものです.

httpsを使用すると、ページの読み込みをさらに上方させることがあるが、現時点ではこの程度で満足するつもりです.

正確に覚えてはないけど、Googleに接続をすると、画面の右側に “ページスピード” というアイコンがありますねて

HTTPS://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

に入ってテストを行っていたよ

スコアが62点が出てきた “修正が必要” という内容にcss, jsなどを変更する必要がないという内容がず〜っとありますね

ところでこれ、いつどのように修正を一つしてノックアウトおいていた

今日巨大なものを発見しました.

HTTPS://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

でurlを入力した後、テストをした後、画面の下部に “このページに最適化された画像, JavaScriptを, cssリソースをダウンロードしてください” という内容があるのです.

ハル〜

これは最初からあったことを、おそらく私の発見をできなかったようです.

해서 주저없이 다운로드 해보니 optimized_contents.zip 라는 압축 파일이 있더군요

世の中に〜やっぱりグーグル様だし、圧縮をヘジェてみるimage, JS, cssフォルダが餅なのであるでしょう.

その中に私はなぜこれを発見していないのだろうかする自己恥辱感がしますねㅜ。ㅜ

“そこのファイルをftpを介してアップロードして、既存のファイルを変更すると、なるね” と思った後、すぐに作業に入りました.

外部ファイルは、一旦パスし、私を修正することができるファイルを、まず、メモ帳に書き始めました.

“修正が必要” の部分で解決方法を表示するをクリックすると詳細にurlを教えるため、urlを、まず、メモ帳に書き留めてしまった

もしかしたら、ファイルのすべての変更しホームページ詰まった場合は、バックアップをしなければならハニー

以降urlに沿って移動し、既存のファイルに_oldを付け、Google様がくださったファイルにすべて変更しました.

そして、再びページスピードをテストしてみると

大当たり !! 82点出ますね(笑)

もし私のようにPageSpeedで下の部分を見られずに、上記の修正すべき部分のみを見てイライラしている方がいる場合は

今すぐチャレンジしてみ

 

また、チェック

phpmyadminの 404

nginxのはphpmyadminの 404 見つかりません

ある日突然、nginxサーバーからphpmyadmin 404 Not Foundエラーが発生した場合、その中にサーバーに …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *