/ ニュース / サムスン電子、ハマン引数成長動力全長事業稼動

サムスン電子、ハマン引数成長動力全長事業稼動

サムスン電子の新たな成長動力が「スマート車」に確定されたようだ.
去る14日、サムスン電子は、米国のコネクテッド・カーオーディオの分野の専門企業、ハマンをハンファ9兆3800億ウォンで買収し、戦場のビジネスを世界的な能力を一気に確保した.

サムスン電子ハーマン買収
サムスン電子が買収したハマンは1956年、米国コネチカット州スタンフォード必ずシドニーハーマンが設立した会社で、1995年にドイツの「ベッカー」を買収し、前方部品事業に本格的に進出した.
ハマンはプレミアムインフォテインメント分野でのシェア24%で1位を占めており、テレマティクス分野でシェア10%で2位, カーオーディオの部分でシェア41%で1位を占めている電装部品専門企業として知られている.

サムスン電子ハーマン買収
従業数3万人に海外10カ国に19の拠点を置いているが、二重9カ国が戦場事業部で米国, メキシコ, ブラジルの, ハンガリー, ドイツ, 中国などがある.

サムスン電子は昨年、2015年12月戦場事業チームを新設し、今年2月に全長事業チームの構成を完了し、本格的な戦場事業に拍車をかけて.
以来、昨年5月にデバイスロールション(DS)部分に自律走行車の半導体開発TFを新設し、6月には、自動車用の発光ダイオードLED部品の新規ラインナップを発表しました.

サムスン電子ハーマン買収
7月には、中国の電気自動車メーカーBYDの5000億ウォンの株式を投資し、11月、世界最大の戦場企業ハマンを買収し名実共に全長事業分野で1位の座に立っ立ち上がるようになった.

サムスン電子ハーマン買収

今回のサムスン電子、ハマン引数はイ・ジェヨン副の「ニューサムスン」のパズルの一つフィーチャーフォンからスマートフォンへの革新的な変化が、自動車業界でも起こるだろうと予想して、未来成長動力としてスマートカード電装部品を挙げたが、後発走者でメーカーからの競争力この落ちるハーマン買収を通じて、業界1位に躍進したのである.

サムスン電子ハーマン買収

一部では、サムスン電子、ハマン買収により完成車部分にサムスンが飛び込むことはないかという意見もあるが、これはないという.
ソンヨウンサムスン電子の戦略淡々最高責任者は14日、米国で開催されたカンファレンスコールで "(サムスンは)完成車メーカーは飛び込まない」とし「パワートレインなどの車のボディパーツには関心がなく、ただコネクティビティ(接続)に関連する技術力を育てたい」と明らかにした.

サムスン電子ハーマン買収

世界の自動車ブランド4社のうち1ヶ所がハマンのスピーカーやインフォテインメントシステムを使用している状況で、サムスン電子が出した車の半導体とディスプレイ, 電気自動車のバッテリーなどが既存のハーマンスピーカーを使用している車のブランドに簡単に進入が可能するとみられ、自動車部品分で、サムスン電子の能力が大幅に拡大されると予想される.

また、チェック

膝の手術

膝の軟骨の手術後のスーパーバクテリア感染

これで両親は子を板ゴムナ医師をさせようとされるが表示されます. ニュースをよりも悔しい事情と …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *