/ ニュース / カプサイシン洗礼キム・テヒョン和解治癒財団理事長
김태현이사장_5.jpg

カプサイシン洗礼キム・テヒョン和解治癒財団理事長

キム・テヒョン和解治癒財団理事長が28日、財団発足記者会見を終え、30代の男性が噴射したカプサイシン洗礼を受け 119 救急車に乗せられて病院に運ばれた.

김태현 캡사이신
▲キム・テヒョン和解治癒財団理事長の記者懇談会後の移動中カプサイシン洗礼受けて苦しんでいる.

김태현이사장

김태현 화해치유재단 이사장 캡사이신 분사

28日午前11時40分頃、ソウル市中区バビエン2次グランドブルーム地下1階懇談会枚で和解治癒財団発足記者会見を30分間行った. 以後、12時20分頃、記者会見を終え移動していたのキム・テヒョン理事長に向かって30代の男性が護身用カプサイシンをキム・テヒョン理事長の顔に噴射し、キム・テヒョン理事長は、痛みを訴えて 119 救急車に乗せられて病院に運ばれた.
警察は、現場でカプサイシンを噴射した男性を保持する事件の経緯を調査中である.

김태현 캡사이신

김태현 캡사이신

화해치유재단

화해치유재단
この日の行事に先立ち、日本軍慰安婦少女像を守るなど男女大学生20人余りが壇上を占拠して、財団発足反対奇襲デモを行い、記者懇談会が20分間遅延されることもした.

また、チェック

膝の手術

膝の軟骨の手術後のスーパーバクテリア感染

これで両親は子を板ゴムナ医師をさせようとされるが表示されます. ニュースをよりも悔しい事情と …

一つのコメント

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *