/ ニュース / サード配置電磁波安全距離3.6kmは平地基準
사드배치결정논란.jpg

サード配置電磁波安全距離3.6kmは平地基準

慶北城主にサド配置が決定され、サードレーダー安全距離に対する関心が集中している.
サードレーダー安全距離について、その中にハンミング国防長官は、100mを強調しましたが、今年2月16日、国防委員会でそして最後の7月11日、国防委員会でもサド安全な距離を100mと強調しました.

사드배치도
しかし、ハンミング長官の100mという話に、実際のサドは3.6kmが安全距離ではないかという疑問がありました. したがって国防部で誤った情報を伝えていると思いましたが.
ハンミング長官は、おそらくこの時から山岳地帯にファサードを配置することを念頭に置いていたのか説明します.

사드레이더안전거리이해도
▲サードレーダー安全距離理解度

ネイバーマップを使用して確認してみるとファサードを配置することになる慶ソンジュウプソンサンリ城山浦台位置し城山は、高さが383.4mで出てくるんですよそれなら平地ではなく、383.4mの高さに設置することになるわけです.

そして、ここで5度の角度を空の方向を向いているがこのようになる場合の角度により、ソンジュウプは理論上サドレーダーから安全な地域になるのです.

사드전자파피해

사드미사일
しかし、これはあくまでも理論上の安全地帯と呼ばれるものでよ、私の頭の上に強力な電磁波が通ることをOKする人があるでしょう?

また、チェック

MBC

ベヒョンジンアンカーギムジャンギョムMBC社長解任直接伝えスト撤回

ベヒョンジンアンカーがMBCギムジャンギョム社長の解任のニュースを淡々と直接伝えました. ベヒョンジンアンカーは13日、MBCニュースデスクで …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *