/ ニュース / 文部科学省やヒャンウクので教育がこぶただっや?
私ヒャンウク

文部科学省やヒャンウクので教育がこぶただっや?

私ヒャンウク省政策企画官が民衆はこぶたと同じで発言をして衝撃を与えているかヒャンウクは歴史教科書国政化贅沢コース, 大学の構造改革など政策を企画し打診する教育の主要ボジクジャである.

2016年最高の妄言が出てきた. その中妄言とは、日本の独島, 慰安婦関連発言を思い浮かべるんです2016年の最高の妄言は、日本ではなく、大韓民国教育政策企画官の口から出てきまし.
私ヒャンウク教育政策企画官が、7日夕方、ソウル鍾路の某レストランで京郷新聞ポリシー社会部長, 文部科学省出入記者, 文部科学省のスポークスマン, 対外協力室課長と食事をする席で「私は身分制を強固なければならないと思う」, 「民衆はこぶたのようにご飯食べさせてくれれば良い」, "私は1%になろうと努力する人である. どうせだ平等できないので、現実を認めなければならない」という発言をして衝撃を与えている.

나향욱

나향욱

나향욱
私ヒャンウクは、発言が論議が日付「飲み過ぎと高炉による失言」と明らかにしたんですが、京郷新聞政策社会部長によると、「全くない」と反論して始めました.
京郷新聞部長によると、食事の時間に伴奏程度をしたレベルであり、, かなりの方が論理的に話をしたと明らかにしたんですが、落ち着いた口調で説明をしたレコーダーの電源を入れた後、は、録音を意識してか、かなり敏感な発言は避けながら水位調節をした覚えている」と明らかにした.

나향욱

나향욱

나향욱
また、冗談をしたではないか失言アニシかと質問をしたレコーダーを燈しながら深刻だ説明をしろと話しましたが、個人的な意見としながら発言を修正していないと述べた.
しかし、議論が日付の豚の発言が失言であった飲み過ぎと過労のためだったと説明した.
また、文部科学省は9日、「該当職員が夕食の席で飲み過ぎた状態で記者と議論を繰り広げ失言したもの」と釈明した.

나향욱
私ヒャンウクは行政考試36回出身で、李明博前大統領時代清華エグゼクティブを経て、文部科学省の大学支援課長, 地方教育自治課長を経て、今年3月に政策企画官に昇進した.
教育部2級公務員に民衆はこぶたと同じと自分は上位1位になろうと努力するとの発言をした人が大韓民国の教育政策を作る人というものについて、大衆は大きく反発している.

나향욱

나향욱

SNSとオンラインを対象は、大規模な請願が起きてい. 実際、次のアゴラでは、14,811人が署名に参加し、事態が深刻化している.

また、チェック

膝の手術

膝の軟骨の手術後のスーパーバクテリア感染

これで両親は子を板ゴムナ医師をさせようとされるが表示されます. ニュースをよりも悔しい事情と …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *