/ エンターテインメント / リサン建物オジャンチャンチャンもつ家の心サンモ阻止強制執行停止
리쌍우장창창곱창집.jpg

リサン建物オジャンチャンチャンもつ家の心サンモ阻止強制執行停止

リサンが所有している建物で営業中だったオジャンチャンチャンもつ家が裁判所の明け渡し執行進行過程で好きサンモ会員の反発で中断された.
裁判所は7日午前6時ㅣ10分からソウル市江南区新沙洞街路樹通りリサン所有の建物テナントソさんの「オジャンチャンチャンもつ家」に対する強制執行に入った.

리쌍건물우장창창곱창집

리쌍신사동건물우장창창곱창집
強制執行には用役職員100人とショベルカーなどが動員されたし、これにテナントソさんをはじめとする好きサンモ会員70人余りが対峙しながら一触即発の状況を展開置くこの過程で好きサンモ会員1人が失神し、病院に搬送されて対峙時間が長くなると、裁判所執行官は10時40分頃、人命被害が懸念されるとし明け渡し執行を停止しました.

맘상모

맘상모우장창창곱창집
明け渡し執行は中止されたが好きサンモのメンバーは、リサンのメンバーであるゲリーの広津区の自宅に移し明け渡し執行に対する抗議デモを持つ明らかテナントソさんは営業を続け引き続くという立場を明らかにした. しかし、裁判所は、いつでもすぐに2次強制執行を実施する予定で知られテナントとリサンの葛藤は続く続くと見え.

맘상모회원

今回の事件は、オジャンチャンチャンもつ家を運営していたソさんが2010年11月には、建物の1階に店をオープンしましたが後に1年半が過ぎ、建物主がリサンに変わり店を空ほしいという通知を受けたという.
以後ソさんは1階の店を出してくれて駐車場と地下を活用して営業を続けガトヌンデヨ当時の家主とソ氏が作成した合意書には、「駐車場を目的変更、営業できるように協力する」という内容が盛り込まれています. しかし、リサン側2012年6月の期間満了などを理由に契約延長の意味がないことを明らかにし、これにソさんは訴訟を出しリサンの方でもソさんに建物、インドなどの請求訴訟を出しました.

신사동리쌍우장창창곱창집

신사동우장창창곱창집
以後2013年8月リサンは1億8千万ウォンの和解金と保証金をソさんに渡し地下駐車場で営業することに合意したが、駐車場の使用の変更を置いて再度争いが起きました.

우장창창곱창집
裁判所は、ソさんが地下駐車場の賃貸契約の終了6ヶ月から1ヶ月の間家主に契約の更新要求をしなかったという理由で退去命令を下し、2次退去命令期限が5月30日に終わったので、いつでも強制退去される可能性のある状況になったことです.
現行商店街建物賃貸借保護法である賃貸人が家主に契約停止を通知しなければ、自動的に契約が延長になりますよ、このような延長が可能なのは、換算預金基準に該当する場合にのみ適用されます.

우장창창곱창집주인
ソウル市の場合換算デポジット基準は、3億ウォン以下の換算デポジットはテナントが賃貸人に毎月支給する家賃に一定の金利を適用して金に換算した金額を意味するんですが、現行法では家賃の100分の1を乗じる方法で算定されます.
保証金が5千万ウォンである場合、家賃が250万ウォン以下であることです.
一方、ソさんは好きサンモの代表としての心サンモは気楽に商売したい商人会に賃貸契約を一方的に解約する建物の所有者に対抗商店街テナントが結成した団体です.

また、チェック

漢書喜

漢書喜性少数者外面発言シルゴム1位

グループビッグバンの塔と大麻を喫煙したハン喜が再び話題になっている. 漢書喜は最近SNSを介して …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *