エンターテインメント

日本の秋田県・ビョンホン、キム・テヒのキャンディーキスとベッドシーン一方の映画のようだった.

日本の秋田県・ビョンホン、キム・テヒのキャンディーキスとベッドシーン一方の映画のようだった.



話題の中に放映されている「アイリス’ シーン一カット一カットがまるで映画を見るような感じを感じたのは私一人と考えだろうか.
21日3回の放送でイ・ビョンホンとキム・テヒは、日本、秋田県での休暇に行った.

雪に覆われた雪原の風景でのイ・ビョンホンとキム・テヒは、一場面一場面がまるで映画を見るような錯覚を感じさせるし、本当にモトジネウ〜と言う言葉が自然に出てくるした.

また、ホワイトデーキャンディーギフトを受けられず、拗ねたキム・テヒにイ・ビョンホンがキスで口の中にお菓子を入れてくれる場面は大韓民国ソロに塩漬けを負う血圧を上昇させするのに十分だった。(里長面必ずしてみたいと思っ-_- )

雪だるまの目の上に横になった二人(里長剃毛完全鳥肌) キム・テヒがイ・ビョンホンを見尋ねた. その理由キスをしました? 私の挑戦でした? ない愛だった? と聞くとイ・ビョンホンは “きれいな口から思いっきり幕末が出て口をふさいで思った”と答えてみましょうキム・テヒが ” これから幕末多くなくちゃ” と呼ばれ、体に鳥肌がしゃがんだ~~っと湧かのみだった.

アイリス1回で3回放送中3回分の日本秋田県の休日のシーンでキム・テヒとイ・ビョンホンの鳥肌演技が最も多かったのではないかと考えをし鳥肌演技があまりにも見栄えの良い場面だった.

再放送もう一度みよ…




タグ
もっと見せる

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *

トップボタンに戻ります
閉じる
閉じる