/ ランダムバナー作成, 子供フレームランダムバナー

ランダムバナー作成, 子供フレームランダムバナー

ランダムバナー作成, 子供フレームランダムバナー

 

<!– ランダムバナー開始 –>

<スクリプト言語=”ジャバスクリプト”>
VaRのhow_many_adsの= 8; // バナーの本数を予め設定してください
VAR今=新しい日付()
VAR秒= now.getSeconds()
VAR広告=秒 % how_many_ads;
広告+ = 1;
//——– 1第バナー
もし (広告== 1) {
document.writeを(「<HREF =”#” ターゲット= _blank><IMG SRC =”画像バナーパス” height =高さwidth =幅border = 0></A>」);
}
//——– 2第バナー
もし (広告== 2) {
document.writeを(「<HREF =”#” ターゲット= _blank><IMG SRC =”画像バナーパス” height =高さwidth =幅border = 0></A>」);
}
//——– 3第バナー
もし (広告== 3) {
document.writeを(「<HREF =”#” ターゲット= _blank><IMG SRC =”画像バナーパス” height =高さwidth =幅border = 0></A>」);
}
//——– 4第バナー
もし (広告== 4) {
document.writeを(「<HREF =”#” ターゲット= _blank><IMG SRC =”画像バナーパス” height =高さwidth =幅border = 0></A>」);
}
//——– 5第バナー
もし (広告== 5) {
document.writeを(「<HREF =”#” ターゲット= _blank><IMG SRC =”画像バナーパス” height =高さwidth =幅border = 0></A>」);
}
//——– 6第バナー
もし (広告== 6) {
document.writeを(「<HREF =”#” ターゲット= _blank><IMG SRC =”画像バナーパス” height =高さwidth =幅border = 0></A>」);
}
//——– 7第バナー
もし (広告== 7) {
document.writeを(「<HREF =”#” ターゲット= _blank><IMG SRC =”画像バナーパス” height =高さwidth =幅border = 0></A>」);
}
//——– 8第バナー
もし (広告== 8) {
document.writeを(「<HREF =”#” ターゲット= _blank><IMG SRC =”画像バナーパス” height =高さwidth =幅border = 0></A>」);
}
</スクリプト>

 

<!– ランダムバナー終わり –>

 

以下は応用編です.
ランダム画像バナーの代わりにランダム子供フレームのソースです.

 

<!– ランダム子供フレームの開始–>
<スクリプト言語= Javascriptを>
VaRのhow_many_adsの= 8; // ロード子供フレームの数を事前に設定してください
VAR今=新しい日付()
VAR秒= now.getSeconds()
VAR広告=秒 % how_many_ads;
広告+ = 1;
//——– 1番目の子供フレーム
もし (広告== 1) {
document.writeを(「<IFRAME SRC =”子供フレームのパス” 幅=”広さ”  高さ=”高” スクロール=”いいえ” FRAMEBORDER =”0″>」);
}
//——– 2番目の子供フレーム
もし (広告== 2) {
document.writeを(「<IFRAME SRC =”子供フレームのパス” 幅=”広さ”  高さ=”高” スクロール=”いいえ” FRAMEBORDER =”0″>」);
}
//——– 3番目の子供フレーム
もし (広告== 3) {
document.writeを(「<IFRAME SRC =”子供フレームのパス” 幅=”広さ”  高さ=”高” スクロール=”いいえ” FRAMEBORDER =”0″>」);
}
//——– 4番目の子供フレーム
もし (広告== 4) {
document.writeを(「<IFRAME SRC =”子供フレームのパス” 幅=”広さ”  高さ=”高” スクロール=”いいえ” FRAMEBORDER =”0″>」);
}
//——– 5番目の子供フレーム
もし (広告== 5) {
document.writeを(「<IFRAME SRC =”子供フレームのパス” 幅=”広さ”  高さ=”高” スクロール=”いいえ” FRAMEBORDER =”0″>」);
}
//——– 6番目の子供フレーム
もし (広告== 6) {
document.writeを(「<IFRAME SRC =”子供フレームのパス” 幅=”広さ”  高さ=”高” スクロール=”いいえ” FRAMEBORDER =”0″>」);
}
//——– 7番目の子供フレーム
もし (広告== 7) {
document.writeを(「<IFRAME SRC =”子供フレームのパス” 幅=”広さ”  高さ=”高” スクロール=”いいえ” FRAMEBORDER =”0″>」);
}
//——– 8番目の子供フレーム
もし (広告== 8) {
document.writeを(「<IFRAME SRC =”子供フレームのパス” 幅=”広さ”  高さ=”高” スクロール=”いいえ” FRAMEBORDER =”0″”>」);
}
</スクリプト>

<!– ランダム子供フレームの端–>

 

上記のソースを自動的にリアルタイムで変化かぶっ方は、以下の内容を挿入ください.
<メタHTTP-当量=”リフレッシュ” コンテンツ=”リフレッシュ時間;url =画像バナー/子供フレームのドキュメント名”>

例えば、3秒に更新(リフレッシュ)せ, 画像バナー/子供フレームのドキュメント名が
a.htmと仮定すると、以下のように適用します.

<メタHTTP-当量=”リフレッシュ” コンテンツ=”3;URL = A.HTM”>

ただし、子供のフレームをもたらす場合は、呼んでいるそれぞれの子フレーム毎に、上記のタグを入れていただく必要があります.

また、チェック

漢書喜

漢書喜性少数者外面発言シルゴム1位

グループビッグバンの塔と大麻を喫煙したハン喜が再び話題になっている. 漢書喜は最近SNSを介して …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *