/ 子供フレームのJavaScript利用url変更

子供フレームのJavaScript利用url変更

子供フレームに読み込むページが普段は画面に露出されず、

クリックをしたときに特定のページを子供のフレームに呼んで、画面に見えるようにするものです.

    <スクリプト言語=”ジャバスクリプト”>
<!–
関数changeIframeUrl(“URL)

    Document.Frames[「change_p」].LOCATION.HREF = URL;
    document.getElementById(“boot_reading”).style.display = “ブロック”;
}
//–>
</スクリプト>  

<HREF =”ジャバスクリプト:changeIframeUrl(「HTTP://my.blogkor.com ")”>クリック</A>
 <!– 文の内容の出力を開始 –>
<divのid =”boot_reading” クラス=”boot_reading” スタイル=”表示:なし;”>
<IFRAME SRC =” ID =”change_p” 名前=”change_p” 幅=”610″ 高さ=”600″ スクロール=”いいえ” FRAMEBORDER =”0″ MARGINWIDTH =”0″></IFRAME>
</DIV>
<!– 文の内容の出力終了 –>

また、チェック

漢書喜

漢書喜性少数者外面発言シルゴム1位

グループビッグバンの塔と大麻を喫煙したハン喜が再び話題になっている. 漢書喜は最近SNSを介して …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *