/ Eマートピザに続いてロッテマートチキン “たった5千ウォンチキン業界の緊張”

Eマートピザに続いてロッテマートチキン “たった5千ウォンチキン業界の緊張”

Eマートピザに続いてロッテマートチキン “たった5千ウォンチキン業界の緊張”

ロッテマートでたった5千ウォンチキンがリリースされました.
「肝っ玉が大きいチキン」という名前で発売されるロッテマートチキンは、従来チキン店の3分の 1 レベル5千ウォンという金額がさらに魅力的です.
 
9日から販売が開始されているロッテマートチキンにすでにチキン業界がざわめいてい, 一般チキンに比べて低価格と大型マートでピザに続いてチキンまで販売をしながらチェーン店形態の路地商圏が再び脅かされています.

既存のチキンとは異なり、ロッテマートチキンは正方形のボックスではなく、丸い容器にフライドチキン1匹900g前後で販売します. ロッテマートは「肝っ玉が大きいチキン」を発売するために、すでに6ヶ月前からセンダル, 天ぷら粉, 食用油などを原料を大量に注文して、消費者に供給する供給コストを5千ウォンに減らすことができたそうです. ロッテマートは全国82開店から月平均60万匹, 年間720万匹の鶏を販売されると予想して、一日最大200〜400匹ほどを販売することができる施設を整えます.

消費者の立場から優しい価格でチキンを食べることができれば良いのです.
しかし、Eマートピザ販売で論議が起きたことを見れば、今回のロッテマートチチン販売また、これらの問題を避けて通ることはできないようです.







また、チェック

漢書喜

漢書喜性少数者外面発言シルゴム1位

グループビッグバンの塔と大麻を喫煙したハン喜が再び話題になっている. 漢書喜は最近SNSを介して …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *