/ それ&科学 / iPhone 4の受信詰まっ別の受信の問題

iPhone 4の受信詰まっ別の受信の問題

iPhone 4の受信詰まっ別の受信の問題

予約販売7時間で10万台の販売を記録し、一台のサーバーダウンまで起こしたiPhone 4の消費者の苦情が空を突いている.

iPhoneの4がリリースされて端末枠を手に取ったときに電波受信感度が落ちる別名デスグリップ(デスグリップ·特定の部位をキャッチ受信感度が落ちる現象)とは、他の受信不良の問題が発生して KTでは、実際に確認作業と原因を調査中だとするんですが.

iPhoneの4は表面がアンテナ機能を兼ねるステンレス鋼で作られており端末左下の部分を手で巻いて握っメタルバンドの黒い線を覆いば受信率が低下するという問題がありました今回は、この問題と他の受信不良の問題という点で KTとアップル社のどのような措置をとる注目がされます.

過去 19日、インターネットポータルサイトのカフェアサモ(iPhoneユーザーの集まり)’は、iPhone4が出てきた過去 11一部から受信不良を経験したユーザーの文が 300以上上がって来たんです
タイプを見ると、iPhoneの画面では、受信感度をアンテナバー 3〜4個ずつ浮いているのに、受信ができない場合がある場合、居住地域で、以前に使っていた一般的な携帯電話では、一度も受信不良問題がなかったのに、iPhone4を利用しながら、受信不良問題が発生する.” など、従来知られているデスグリップとは、他の受信不良の問題が発生しています
.

簡単に言うと携帯電話を手で持たずにじっとしてナヅン状態で、アンテナが正常に浮いてい受信が正常に行われないという話ですよ..

今回発生したiPhoneの4 受信詰まっ事件は国内を除く他の国では発生していない受信の問題という点で二種類の受信不良の原因を推測することができてい一つは、基地局中継施設とiPhone4 との間の受信過程で技術的なエラーが発生した可能性が挙げられるんです、この部分で部屋の中にリピータがある状態でも受信ブルヤンを経験したというユーザーがいて、この部分ではないと思われるのですがそれでは、iPhone4独自の欠陥? iPhoneの4 ユーザーの話を聞いてみると、同じ日に開通した、iPhone4 中受信不良問題が第それぞれだと機器に問題がある可能性が高いと言っています.




このような顧客からの苦情をキャリアとメーカーASセンターが互いに浮かん渡します.


KTの顧客センターでは、製品の不良は、アップルASに問い合わせするように回答しており、そのASセンターでは、回線網不安なので、KT側に確認してみなさいというのですね。.


KTの関係者は、 “すべてのユーザーが直面する問題はありません不満が提起されただけに (受信不良問題を)確認中にあって見ている”と答えた


だから、いつまで見守るはゴンジヨ?


すぐに携帯電話を使用できないのにーー;;

一方、iPhone 4ユーザーは、 “一日も早く解決策を出さなければならない”と反発しています.

すでにiPhoneの4を交換受けたり開通終了手順を踏んでいるユーザーも相当数あると知られています.

以下は、iPhone 4の受信不良のビデオです.

 







また、チェック

ネイバーワイル

MacBookのネイバーワイル直接使用してみると

Internet Explorerを使用して低速のせいで、Google Chromeがリリースされた2008年から現在まで、Google Chromeのみを使用する …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *