/ 放送通信委員会携帯電話の価格バブル取り除ける.

放送通信委員会携帯電話の価格バブル取り除ける.

放送通信委員会携帯電話の価格バブル取り除ける.

一度拍手から打たなければだろう.
これまでベールに包まれていた携帯電話の価格バブルを放送通委員会でブレーキをかけた.
放送通信委員会は、国内の携帯電話メーカーがキャリアの販売店にある販売奨励金の規制に乗り出すと明らかにした.

14日の放送通信委員会は、高い携帯電話出荷価格がメーカーの奨励金に関連していると出庫が正常化の次元で改善策作りをしていると明らかにし来る24日放送通信委員会の全体会議に改善案を報告する方針で伝えた.

誰返済たいスマートフォンが販売価格を見ると、100万に近いのが現実である. もちろん約定をしてプランを選択して、低コストでの販売をしているがこれも1つの上述ある. 最終的には100万ウォンに号製品をそのまますべて与え社だ.

しかし、その100万円の中にはメーカーがキャリアの販売店に直接与える助成金・メーカーとキャリアが協議して代理店に支払う奨励金が含まれる. キャリアの補助金のうち、販売奨励金はなんと 30% 以上が含まれている.

サムスン電子, LG電子, パンテックなどの携帯電話メーカーは、携帯電話会社に端末を供給するとき販売奨励金の名目で、携帯電話一台ごとに約 10 〜30万ウォン程度のリベートを支給しており、, その助成金は、携帯電話の種類や携帯電話プランによって異なるという.

放送通信委員会は、メーカーの奨励金規制の背景に、国内移動通信会社の排他的な流通構造と関連があると言ってキャリア優位の排他的な流通構造を基に、メーカーのキャリアのマケドニアディンビ分担要求が多くなり、携帯電話の泡このはめ高い出庫価格が作られているという.

放送通信委員会は、メーカーの助成金とキャリアの補助金を直接区別することができないほど総括規制方法で検討していると、透明な会計処理基準を作る案も見ていると伝えた.

一方、放送通信委員会の今回の決定にメーカーとキャリアの意見を聞いてみると

サムスン電子,LG電子, パンテック - > 販売奨励金は公正なマーケティング費の一環として、むしろ出荷が引き下げより、携帯電話の購入価格引き上げという副作用だけ産む.

SKテレコム - > 法的根拠が微弱で、不合理な措置
LGユープラス - > マーケティング費の制限という原則が毀損されていない原則の下で、市場の安定化のために必要である.
KT - > 適切な規制だ.

携帯電話メーカーの立場は、今回の放送通信委員会の決定にかなりの不満を表出したキャリアは、異なる反応を見せていKTとLGは歓迎することだ, SKは反対するものですね。.

とにかく今回の放送通信委員会の決定が発表されると、スマートフォン販売価格が少し低下するでしょう??

あ〜イロルジュル分かったら、もう少しいる住むのにーー;;




また、チェック

漢書喜

漢書喜性少数者外面発言シルゴム1位

グループビッグバンの塔と大麻を喫煙したハン喜が再び話題になっている. 漢書喜は最近SNSを介して …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *