/ ニュース / 韓国ネチズン、日本のマスコミで殺傷能力を備えたモンスターで表現 – 水沼啓子コラム
日本のマスコミ

韓国ネチズン、日本のマスコミで殺傷能力を備えたモンスターで表現 – 水沼啓子コラム

韓国ネチズン、日本のマスコミで殺傷能力を備えたモンスターで表現 – 水沼啓子コラム

韓国ネチズン、日本のマスコミ(産経新聞)で大々的な批判をしている.
独島が自分の領土だととんでもない主張をしていをではないか、今韓国ネチズンたちの文化に対して是非をかけている.日本の産経新聞は7日午前のホームページの上部に韓国ネチズン文化を批判する水沼啓子のコラムを記載した. 水沼啓子コラムの内容は、 “「正体不明の怪物のせいで俳優チェ・ジンシル, チョン・ダビン, 歌手ユニなど韓国の芸能人たちが自殺に追い込まれた」とし、「形はわかりませんがすごい殺傷能力を備えたモンスターの正体は、まさに韓国特有のネチズン文化」と主張した.

また、水沼啓子は最近浮上したタブローの学歴論議について “陰湿で執拗なユーザーらの根拠のない学歴詐称噂にタブローは活動を停止するに至った” と “大学側が発行した成績証明書を見せても偽造されたものとデマを流す状況” としながら “モンスターの強さにタブローは闇の沼に引きずられ入っている”と言った.

一方、韓国特派員として活動している水沼啓子は、以前にも、自分の考えに記事を書いてネチズンたちから非難を受けたんですので、でしょう恵子は “外国人である私はモンスターを恐れていない. 韓国語の語感をよく知らないから” としながら “韓国人に叱責とヨクジゴリが並べられてはいるが、彼らは私の言葉は、ヤマモモの場合、読み取りがなると述べた.

“他人を尊重することができなけれ自身も尊重されるだろう
いくら記事気なくてもこんなスニャ。!!”

また、チェック

マンスール

サウジアラビアマンスールビンムクリーン王子ヘリ墜落で死亡

ムハンマドビンサルマンサウジアラビア第1王位継承者であり、皇太子が親戚を相手に大々的粛清作業を行っている …

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *