ニュース

ソウル峨山病院10分にメールス感染の影響

ソウル峨山病院でメールスに感染した92回の患者は、病院の入り口で勤務する警備員に知られている27歳の男性です. 92一度メールス感染患者は、先月26日の緊急治療室を訪れた6回の患者(71歳で死亡し)と接触したんです

ソウル峨山病院メールス

当初6回、患者の来院時間が10分程度と明らかにしましたがCCTVを確認した結果、28分程度、ソウル峨山病院に滞在したもので明らかになりまし.

ソウル峨山病院メールス

メールス6回患者は保安要員の案内を受けて緊急治療室に入って医療スタッフと簡単な問診を受けた後、病院を去ったというのが、病院側の説明ですが

ソウル峨山病院メールス

もしこのような状況であれば、保安要員は、6回メールス感染患者と10分程度接触したものでメールス感染したものです.

ソウル峨山病院メールス

ソウル峨山病院92回確定患者が当日勤務後退社をし、翌日休みなので出勤をしていなかったんですが

ソウル峨山病院メールス

以後28日6回、患者がメールス確定判定を受け接触した医療従事者とセキュリティ担当者を隔離措置し、その後故郷の忠南公州に下がった92回メールス患者は自己隔離中8日メールスの症状を示し確定判定を受けます.

ソウル峨山病院メールス

これまでメールス年齢が多く、免疫力の弱い人がかかるとしましたが、27歳の男性と保安要員であれば、体力もいいと思い好きです、このような若い男性が10分接触していない状態で、メールスに感染したという事実が衝撃です.

タグ
もっと見せる

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません. 必須フィールドは、マークされています *

閉じる
閉じる

AdBlockを検出

広告ブロッカーを無効にして、私たちをサポートしてご検討ください