未分類

子供フレームのJavaScript利用url変更

子供フレームに読み込むページが普段は画面に露出されず、

クリックをしたときに特定のページを子供のフレームに呼んで、画面に見えるようにするものです.

    <スクリプト言語=”ジャバスクリプト”>
<!–
関数changeIframeUrl(“URL)

    Document.Frames[「change_p」].LOCATION.HREF = URL;
    document.getElementById(“boot_reading”).style.display = “ブロック”;
}
//–>
</スクリプト>  

<HREF =”ジャバスクリプト:changeIframeUrl(「HTTPS://my.blogkor.com」)”>クリック</A>
 <!– 文の内容の出力を開始 –>
<divのid =”boot_reading” クラス=”boot_reading” スタイル=”表示:なし;”>
<IFRAME SRC =” ID =”change_p” 名前=”change_p” 幅=”610″ 高さ=”600″ スクロール=”いいえ” FRAMEBORDER =”0″ MARGINWIDTH =”0″></IFRAME>
</DIV>
<!– 文の内容の出力終了 –>

もっと見せる

返信を残します

アバター
  申し込む
の通知
閉じる